2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

尾引浩志



武士道 というのがあるならば
この人の演奏はそのようなものだ。

トゥバ共和国という大陸の奥地の唱法である「ホーメイ」、その地ではポピュラーである楽器「口琴」、そして「イギル」。それを日本人の彼が、トゥバ人に憧れてとかそういうところでなく、日本の血で奏でる。いや、奏で抜く。その姿が全く潔く、ちょっとも油断しない。いつでも自分で自分の背後に刀の刃を従えている。そんな気迫で演奏するものだから、たったこれだけの演奏法を随分長いことやっているのに、毎回その進み具合に度肝を抜かれる。以前歌舞伎界の有名なあの人にもの凄く惚れ込まれ、絆を深めた話を聞いたが、日本に生まれた人間としての文化、表現について真剣に考えているもの同士が、契りを交わしたのだろう。



「北の国の友達へ」「海宙神話」でビッキーの演奏をご堪能ください。
その他にも2曲、参加してもらいます。

■尾引浩志 Hiroshi 'bikki' Obiki




ホーメイ、口 琴、イギル演奏家。学生時代からロックバンドでボーカル、作詞、作曲を担当していたが、アジア中央部トゥバ共和国に伝わる倍音唱法、“ホーメイ”との出会いをきっかけに、倍音の世界にどっぷりとはまり、1999年、倍音楽団その名も“倍音S”を結成。これまでに4枚のアルバムをリリース。現在は、ソロを中心に、様々なアーティストとのコラボレーショ ンもこなし、倍音の魅力を伝承している。
2006 年度には2006年度、NHK教育テレビのエキセントリックな幼児向け音楽番組として話題を呼んだ「あいのて」に出演したことをきっかけ にバンド「あいのてさん」を結成。日本各地で子供から大人まで幅広い年齢層に向けて、“音のためならどこまでも”ライブ、ワークショップの 活動を展開中。
愛称“ビッキー”


(写真はあいのてさん 右 bikki)

■Vions website  http://www.vions.jp/

SPANNKOSMO at Musashino swinghall at 2010.5.25 comments(0) trackbacks(0)
イガキアキコ
 

しばーらくバイオリンの音というものを聞いていなかった気がする。
そこにすっと入り込んで来た、いやざくっっと入り込んで来た。
それが彼女のバイオリンだった。

目のおっきな、おかっぱ頭の、細い手足の、かわいこちゃんで、それだけでも出会って嬉しい。話せば意外なほどにノリがよく、自家製の天然酵母パンとやらをわけてくれたりする。グラフィックデザイナーでもあり、奇妙なイラストを見かけたり、何やらどこまでも興味深い。
そして何度か一緒に演奏したのだが、殆どが反射神経で演奏する。だからあっという間にこちらの奥にぐっさりと入り込んでくる。持っていった譜面が役に立ったことはあまりない。美しく強いメロディー、どこまでもぶっ飛んでいく音の粒、擦弦楽器の神経をくすぐる鋭さ。

これが最後の演奏かもしれない。

といつも思っているらしい。だからだ、消え際に燃え上がる炎のような、と言っても彼女の場合は青い炎かな、赤を中に含んだ青。

SPANNKOSMOでは京都からはるばるで曲はすべて当日合わせにも関わらず、結構たくさんの曲を演奏をしてもらう。リハの少なさは全然気にならない。彼女なら大丈夫だし、何より彼女と一緒に演奏したい。なんとも彼女のバイオリンの音に惚れているのだよ。


■イガキアキコ Igaki Akiko



1981年大阪生まれ。
音楽家、グラフィックデザイナー。

ヴァイオリンを主に、おもちゃや自作楽器など身の周りのモノを使って音を出し、CMや映像、ダンス、舞台等、あらゆる分野に楽曲提供を含むコラボレーショ ンを実践する。

にしもとひろことの二人三脚的音 あそびユニット『たゆたう』を中心に、関西アン ダーグラウンド?屈指のミュージシャンで編成された地中海風味実験インプロ不定期楽団『地中池』や、歌心と奇跡があふれる 山梨のバンド『WATER WATER CAMEL』、関西演劇界の鬼才・益山貴司率いる劇団『子供鉅人』など、様々なアーティスト・バンドに参加して演奏するほか、国内外のミュージシャンやダン サーとの即興演奏など、幅広い演奏活動を行う。

音づくり、デザイン、楽器作り、絵画、裁縫、料理、パン作りなど常にものづくりをする姿勢を崩さず、またすべての「つくる」ことは同じものづくり行 為として認識し、多岐にわたる。


■イガキアキコwebsite  http://homepage.mac.com/igakiakiko/
SPANNKOSMO at Musashino swinghall at 2010.5.25 comments(0) trackbacks(0)
そらな
 


私の初めての小さなピアノの生徒。
いや、私が彼女の生徒といってもいい。

子供に子供騙しなんて通用しない。思い出してみれば自分も子供のころ、そういった大人の行動をひややかに眺め、かえって気を使って騙されようと努力した口だ。
彼女の性質として、少しでも押し込められるとつまらなくなってしまう。あくまでも自分の意志があって、そして行動することの充実感を良く知っている。
だからなんとかピアノを弾かせようと、まして子供騙しなんて冷めた表情でなんでそんなことするのよ、ってな感じでいる。

一度どうして弾きたくないのに弾かなければならないのだと泣いたことがあった。子供の我が儘というのではなく、切実に自分の心と反することをするのが辛いといった様子だった。やっているのは音楽だ。音を出したくないときに音なんてだすもんじゃない。仕事だからなんて理由がついたら、いよいよ音楽の本質からかけ離れてしまう。どんなにいろいろ言っても彼女はその時がんとして弾かなかった。私は見事!と彼女を心の中で褒めたたえた。
そんなことを乗り越えながら、最近は年齢も上がって来たので少しずつできるようになってきたこともある。それで連弾で曲を弾いたりすると、一生懸命私の言ったことをやるというよりはこの曲はこういう感じがするとか、この曲は悲しすぎるなとか、まずそういうことを言う。それでふたりで考えて、もうちょっとこんな感じにしようとか、そんな風にレッスンは過ぎていく。レッスンというより、リハーサルといったらいいかもしれない。
子供の感性を舐めてはあかん!身体能力や、思考はだんだんと成長していくものだが、感性などというものは生まれたときがもっとも完全だということを大人はついつい忘れてしまう。それで感性を育てようだなんていうのだ。
感性なんて、それにこちらが気付くかどうかなのではなかろうか。それはこちらの感性を問われているとも言える訳で。それは見つめていればいくらでも膨らんでいくものだ。


そんなプチあくまっこそらなに「銅の小箱」のカウントをお願いした。
SPANNKOSMOが決まって、ステージでもカウントしてくれるかとお願いしたところ快く承諾して頂いた。何をするか、またドキドキの場面である。

■そらな  Solana




3歳の頃からスパン子の生徒としてピアノをはじめる。
はじめて3年近くになり、やっとドの鍵盤の位置を覚える。
しかし、自由に表現する事を得意とし、ドキッとさせるような感性の鋭さを持ち合わせている。
南米バルバドス人の父と変わり者の日本人の母の間にH16年3月19日に誕生し、現在ピカピカの小学一年生!

SPANNKOSMO at Musashino swinghall at 2010.5.25 comments(0) trackbacks(0)
ウエッコ
 実は。。。。


アルバム参加者の中でひとり、
スケジュールが確定しないためにチラシに名前を載せなかった人がいました。
京都在住だし、忙しいし、無理かなあと思っていましたが、来られることが決定しました!
うえっこです!



これで本当にアルバム参加者全員になりました。
凄いなあ!

アルバムでは「屋根裏事情」という曲でかっちょいいギターを弾いてくれてます。
この録音は印象的で、彼が東京にライブに来た時に、空き日を狙って録音をお願いしたのだが、結局一日では終わらず、次の日のライブ入り時間ぎりぎりまで粘って録った渾身のテイク。
録りは完全一発録り。何テイク録ったかなあ。熊坂くんとうえっこと3人で、あやうくバンドになれそうだったな。

いろいろなバンドで活動しているうえっこ。どのバンドでもうえっこのちょっとすっとぼけた、でもすんごく熱い、うえっこの持ち味全開。でも私はうえっこのソロが一番好きだ。いいうた作るんだよなあ。喫茶 de キッス。

SPANNKOSMOではうえっこの必殺技が登場する!ぞ!


■うえっこ Uecco
 
1981年岡山生まれ
中学よりぼちぼちギターを弾き始め、大学時代に京都でバンド活動をスタート。現在「ザッハトルテ」「ブリキサーカス」「薄花葉っぱ」 などのバンドでギター、ウクレレ、MC、手品?などを担当中。
最近南京玉簾に手を出すなどジャンルにこだわらず絶賛活動中!


■ザッハトルテ http://za-ha.hp.infoseek.co.jp/
 ブリキサーカス http://bliki.hp.infoseek.co.jp/
 薄花葉っぱ http://www.geocities.jp/happahakka/
SPANNKOSMO at Musashino swinghall at 2010.5.25 comments(0) trackbacks(0)
山口けいこ
 


歌い手
踊り手
ヒーラー
料理人
ビッグマザー
実はウッドベースを弾いていたり
情熱的に恋もするし
お酒も大好きで
そのまま宇宙とも交信


知れば知るほどどんどん謎が深まっていく。人間てそういうものなんだな。大きな木にたくさんの枝があるように、山口けいこの枝の多さに驚かされるのだ。

出会いは私が「天地」といううたと太鼓だけのユニットを組んでいた時。
実はご近所で、息子が生まれてからもかなりいろいろと助けてもらっている。
産後の暇ではないけど時間があるという時期に、ふたりで録音をすることになる。
録りたい音は「レムリアマントラ」。けいこちゃんのうちにある日どこからか届いたfax。そこに記されてたレムリアのマントラとやら。これにメロディーをつけて歌いたいとのことで、
それを録音する。一曲では飽き足らず何曲か一緒に曲を作っているうちに、けいこちゃんとふたりで歌うようになった。初期はMamansa-souer、後期はMAMIWATAという名前で。

スピリチュアルは究極の現実だというのが私たちの共通する意見であった。スピリチュアルにのめり込む人たちに関わることも多かったが、精神世界というあたかも特別な、救いのありそうな世界に現実から遠のいた幻想を持ってはまる人が多いし、スピリチュアルという言葉にそういうイメージを持つ人は多いのではないか。だけど、私はスピリチュアルというのは今、であり、今ここで私が豆を食ったとか隣の住民が喧嘩しているとか、いってみればそういうこととなんら変わりない。何でもない、でもそこにあるものの尊さである。そんなことを合議しながらけいこちゃんとはよく酒を飲んだものだ。

北の国の友達へ で元気な娘のようなコーラスを入れてくれています。
SPANNKOSMOでは熊追いのうたも参加してもらう予定。


■山口けいこ Keiko Yamaguchi




祈りと響きをテーマに 今ここにある瞬間の出会いで新たなエネルギーを生み出す
地球と宇宙を旅するヒーラー&アーティスト

幼少期から様々なジャンルの音楽で活動
90年アフリカのセレモニーでシャーマン達との出会いからダンスが始まり、アフリカ音楽に関わる

以来、うたやダンスで沢山のミュージシャンやアーティスト達と共演

様々な体験から生まれでた、音と声の波動を使ったオリジナルヒーリングで新しい可能性を展開している

また、解放と統合を促すヴォイストレーニング、エナ(子宮)ライトヒーリング、女神ワーク、新月・満月の会、大地のダンスなどを開催


既存の枠にとらわれない独特な感性で 人々の内面の真実 美しさ 本来の輝きを引き出してゆくことをサポートしている

MAMIWATA
今ここをうたう

■山口けいこHP  http://www.mamiwata-k.com
SPANNKOSMO at Musashino swinghall at 2010.5.25 comments(0) trackbacks(0)
バッキー
 

バッキーが吹くとどひゃーー!と湧き立ち、歓声が上がり、祭りさながらの盛り上がりになる。

これは昔っからそうだった。私もどひゃーーー!の一人だったのでよく覚えている。

バッキーが一番古い仲間かもしれない。
なにしろ私が一番始めにやったソウルバンドで同じメンバーだったのだ。
その名も「ドレミファソウル&ハヒフヘホーンズ」。
スパン子という名前もたいがいおかしな名前だが、このバンド名もバンド名だ。
意外とその時のノリで軽はずみにつけた名前が後になって変えられずに困ったりする。

スパン子の一番始めにやったバンドはドレミファソウル&ハヒフヘホーンズってだけでだいぶおかしい。まあいい、私らしいルーツである。

バッキーと一緒のこのD&Hバンドは大変仲が良かったので、リハ、ライブ以外にもよく遊んだ。さんざん遊び倒して突然壊滅し、バッキーとはそれきりしばらく疎遠になった。
ある時友人の知り合いの家での新年会に呼ばれていくと、バッキーがいた。
バリバリsax吹いていて、何だか前よりも芯があるように思えた。お互い様かもしれないが。

それで今もまた大福というバンドで一緒だし、今回もこうしてソロに参加してもらっている。よほど縁があるのだろうな、この人とは。

バッキーのsaxはsaxの音がしない。と私は思っている。なんだろうか、何にでも聴こえる。saxにも聴こえるし、トランペットにも聴こえたり、風の音だったり鯨の歌声だったり、何にでも聴こえる。バッキーがバッキーを限定していないから、こちらの気持ちがそこに映し出されるのだろう。バッキーの曲は私たち日本人の血をくすぐる美しさだ。彼の吹くメロディーもそうだな。その血に響く音と、自由さが、私たちを引き込んで、気付くと絶叫させているのだろう。

まったくわけわからん行動をとったりするけどね。


アルバムには膨張曲線と熊追いのうたと海宙神話に参加してくれました。
SPANNKOSMOではバッキーの音は何に聴こえるかなあ。


■バッキー Bukky



1972年 東京生まれ
高 校卒業と同時にアルトサックスを始める。ストリートを中心に活動を開始、様々なバンド、セッションを経て今に至る。宮地楽器サキソフォン課講師を勤める。 2002年より舞踏家、美術家、ダンサー、絵描き、映像作家、詩人、等との共演が多くなり、表現形態、場所等を問わず、海外まで活動の幅を広げる。
bucky trio(西村直樹、永田雅代),舞踏派タタラ,ささらほうさら,舞踏オーケストラ大豆鼓ファーム,イヌ イット・イヌーク,ねねむ,I.M.Oオーケストラ,松本 YAO 善行duo,國仲勝男duo,小沢あきオーケスト ラ,poc(高岡大輔、西村直樹),のなか悟空(騒乱武士),西村直樹とワイルドグリーンズ,TAYUTA,出世魚ズ,MAJIKA〜NAHARU,パチ クリエレガンス,ドミンゴス,dachambo,大福などで活動、アルトサックスの表現の可能性を追求し 続ける。

■バッキーHP なっ バッキー
http://www.geocities.jp/bakkyoo3/
SPANNKOSMO at Musashino swinghall at 2010.5.25 comments(0) trackbacks(0)
客席は基本スタンディグです!



ちゃんとお伝えしていなかった。ごめんなさい。

会場はホールでありますが、通常だしてある椅子は全部取っ払ってしまいます。
出演者は真ん中で演奏。
それをお客様は囲んで好きな場所で見て頂くという形です。

おそらく前(中)の人は床に座り、外側の人は立つ、という格好になるかと。

座りたい方のために一応パイプイスもひとところに用意はいたします。


以上のこと、ご了承ください!


どうしても椅子席を確保したい方は、お申し付けください。
当日受付ででも結構です。


皆さま気持ちよく見られますよう、采配致します!!
SPANNKOSMO at Musashino swinghall at 2010.5.25 comments(0) trackbacks(0)
やまぐちまさ
 


実はとなりに住んでます。

朝、窓を開けるとまさがハンモックで歯を磨いている、という状況。
共同畑も持っています。



苗を読むまさ。。。。


録音をお願いしたときは全然違うところに住んでいました。
隣に住んでいて手っ取り早いから録音を頼んだというわけではありません。

私が素というバンドをやっていた頃、TAYUTAというバンドを始めたばかりのまさと出会った。その後、奄美大島に一緒に行ったり、熊野に行ったり、ここというキーポイントで一緒にどこかに出かけ、音を出している。その度に、まさの何事もでっかく受け止めるその明るさ故に、数十倍楽しい演奏旅行になるのだ。すごく落ち着いて、どんと来いという感じに見えるが、隣に住んでみて意外と慌てん坊でもあることがわかった。何というか愛らしい人である。


まさの太鼓は、まさそのもの。
山が好きで、海が好きで、自然が好きで、始まりが好きで、終わりも好きで、畑をいじって、子供と本気で遊んで、犬と走り回り、太陽に向かって、月に向かって、太鼓を叩いて、笑って、笑って、笑って、慌てて、たまに悔しがって、受け止めて、怒って、突き進んで。
出会った頃よりずっと深みの増した太鼓に、たまにぶるっと来ます。

録音では「海宙神話」という曲に本当はココヤシでリズムを入れてもらおうと思った。だけど、いろいろ試していくうちにシンバルをひたすら叩いてもらうことに。これが空気感をつくってくれているのです。

SPANNKOSMOではれおくんとふたりで叩く場面もあり。
どうなるのかしら?私のこのライブ一番の興味津々かも。


■やまぐちまさ Masa Yamaguchi



千葉県南房総の山奥生まれ、子供のころから祭りで小太鼓と大太鼓を叩くが笛まではいかず、太鼓好きだったがいつのまにかギターに憧れ、パンク ロックバンドのベーシストとして上京するも挫折しどん底の気分へ、音楽をあきらめかけた頃、旅先の某無人島にてジェンベに出会い、ただならぬ縁と衝撃を感じ打楽器奏者として活動。楽しくなってくる。
その後、サンバチーム、アフリカンチームで練習を重ね、打楽器ロックバンド 「サルサガムテープ」に加入。
西アフリカガーナ伝統打楽器パンロゴをウィンチェスターニテテ氏に師事。現在も修行中。
自身のバンド TAYUTAを結成し国内外様々な地域でのライブやツアー公演も行い多くの即興演奏、バンド、ライブセッション、レコーディングにも参加。

■TAYUTA ホームページ http://www.k3.dion.ne.jp/~tayuta/

SPANNKOSMO at Musashino swinghall at 2010.5.25 comments(0) trackbacks(0)
山村 倫
 

ヤマムラ リン

ひるむことなき行動力
躊躇することなく噴出するセンス
妥協なき創造への姿勢
ぶっとんだ明るさ
繊細な気遣い
自由

形容するならばこんなところだろうか。
goreyではお馴染み、ブルガリア在住アーティストヤマムラ リン。
私のCD「spannkosmo」のジャケットアートワークも彼女のもの。
今回のライブでは彼女の作った映像が流れます。
テーマはна женско тяло。



ブルガリアと主にスカイプで通信しつつ、生まれたна женско тялоちゃん。
彼女とものをつくるときはいつもそうだ。
とにかく話す。お互いのイメージから近況まで。話に話したところで、だいたいふたりが各々イメージしていたものとちょっと違うものがポコっと現れる。この瞬間が面白い。イメージが膨らんで膨らんで膨らんだその足下くらいにそれは平然とあって、それが見えたときにお互いちょっともやっとしていたものがさっと消え去る。
いつもこうやって彼女と何かを作り出している。私も妥協は許さないタチだが、彼女こそどんなに忙しかろうが決してこんな感じでというところには降り立たない。
とても刺激を受けるところだ。
そうやってできたна женско тялоちゃんたちの群れ。水に浮かべて写真を撮り、更に動画も撮影して編集した。その映像が今回のSPANNKOSMOに流れる。というわけ。




この人と出会ったのは福-fuku-というバンドをやっていた時。
下北沢のleteにライブを聴きに来てくれた。丁度その頃福-fuku-ではマケドニアやらルーマニアやらのトラッドをやっていたもんで、ブルガリアに活動拠点を置いていた彼女とは何やらツウヅルものあり。goreyの録音スタジオと彼女の日本の実家が近いこともあって、何かとつるむようになる。

熊坂くんのソロプロジェクト大福でブルガリアに行ったのも彼女の計らい。ソフィアで行われた映像アートフェスに参加。彼女の作品とのコラボで本当に素晴らしいステージとなった。

舞台の美術から絵本作成、このうえ映像にまで進出しはじめて、ヤマムラリンの活動はどんどん広がり続けている。膨張リンちゃん。







■山村 倫 Rin Yamamura



人形劇舞台デザイナー・絵本作家

1979年生まれ。ブルガリア・ソフィア在住。
2006年ブルガリア国立演劇・映画アカデミーNATFAにて人形劇舞台デザイン科修士取得。
在学中、文化庁新進芸術家海外留学制度の奨学生として2年派遣を受ける。人形美術、イラストレーション、絵本をはじめ、ショーウィンドウディスプレイ、音とアニメのコラボパフォーマンス、ストリートシアター、アートフェスのプロデュースなど活動のジャンルはきめてない。
2008年にブルガリアで出版された絵本「愛のあいうえお」は同年、ブルガリア文化省より「芸術の本」グランプリ受賞。2010年は、人形、舞台美術、衣装デザインを手がけたブルガリア人形劇「シュシュミガ王」で幕をあけた。ブルガリア語通訳・翻訳も手がける。一女の母。スパン子に出会ったおかげで映像作家にもなれた。


SPANNKOSMO at Musashino swinghall at 2010.5.25 comments(1) trackbacks(0)
връвчица за телефон на женско тяло
 

на женско тяло

ジャケのこれがいったいなんなのか。
まだ物議を醸し出している。CDの中よーくみればわかる。多分わかる筈だ。
このこのна женско тялоちゃんの限定50個ストラップ、当日売ることにしました。

只今なつなつなが請け負って製作中。
木でひとつひとつ色塗り、やすって、削って、作ってくれています。
かなりかわいいぞ。



今回のジャケットデザインはgoreyお馴染み、ブルガリア在住の山村倫による。
山村倫の紹介はまた後程。
このна женско тялоちゃんたちは山村倫が実際木でつくりあげた代物。
ストラップは実物の3分の1くらいの大きさになります。
SPANNKOSMO at Musashino swinghall at 2010.5.25 comments(3) trackbacks(0)
<< | 2/4 | >>