2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

園原弘美
 モグラリン、鳥の女でleteという空間を見事に変化させている園原。


モグラリン


鳥の女


今回土と布では園原が遂にライブペイントします。

私は空間には現れない

と言っていた園原。
どんな風にライブペイントするのか。。。


園原と話すと自分の中がたくさん泡立つ。
言葉にするのも追っ付かないくらい。
多分園原もそう。
私と園原は互いに泡立てて、何かを生み出してしまう
そんな関係なのだと思う。

園芸屋で働き、染織家である園原にぴったりの題だろう?
土と布

だって、園原と出会って出来た曲なのさ。



園原弘美



デザインし、布を染め、パターンを引き、縫製する、染色服屋

1998年 東京デザイナー学院ファッション科テキスタイルデザイン専攻卒業
1998年 卒業後、東京デザイナー学院学務部助手として1年間勤務
1999年 ARE YOU hiromi sonohara 活動開始!その年から2002年までステージでの空間表現に焦点を当て、MISEMONO Fashion showを毎年精力的に行う。2003年より個展、集合展などを中心に活動するようになる。
2010年にスパン子と出会い、スパン子1st solo album 発売記念ツアー『spannkosmo』スパン子のライブ衣装、オブジェを手がける。



スパン子と本のlete『箱の中の子ども』 comments(0) trackbacks(0)
トシバウロン
 トシくんとは
意外な程に純朴でありながら、一筋縄ではいかない。
そんな男である。
頑固でありながら、意外と柔軟、その辺の見極めが予想つかない辺りがとても興味深い。

去年京都で初めて一緒に演奏した。
バウロンという楽器は、太鼓なんだがベースみたいな音もでる。
空気の振動がとても不思議で、アイルランドの土地の神性みたいなところにひゅっと連れて行かれる感じがする。久高島の御獄のような、それよりももうちょっと乾いていて、石っぽい。
楽器としての歴史は浅く、そもそもは何か穀物をざっざっとやったり、合図にごんごんと叩いてならしていただけだという話。
でも本当かなあ。。。。私はもうちょっと何か特別なことに使われていたんじゃないかなんて思ってしまうんだけど、でも例えば日本のおひつが100年後には楽器として大流行りしているかもしれない、というようなことなのかな。


太鼓と二人でやるのは初めて。
シンプルで、でもとってもいろんな可能性のある組み合わせだなと思う。
楽しみだ。
トシくんの首振り叩きも必見。私も首振ってみようかな。



3/27 sun 今週末です!


トシバウロン/Bodhran



2000年冬、アイルランド留学中にアイリッシュ音楽を始め、各地のパブセッションで研鑽を積む。帰国後京都にてフルート奏者hataoと共にCraicを結成。2004年Butter Dogs結成。

現在はアイリッシュバンドJohnJohnFestival、Harmonica Creams他、サポート活動も行う。アイリッシュミュージックのイベントを企画する『東京アイリッシュカンパニー』主宰。

2002年の「情熱大陸Music Special葉加瀬太郎LIVE」のフロントアクト出演をはじめ、ザッハトルテ、功刀丈弘、朝崎郁恵のレコーディングにも参加する。日本では数少ないバウロン専門のプレーヤー。
スパン子と本のlete『箱の中の子ども』 comments(0) trackbacks(0)
土と布のページができました
遅ればせながら。。。。

http://folkevise.lolipop.jp/spannko/hon-no-lete/tsuchi-to-nuno/
スパン子と本のlete『箱の中の子ども』 comments(0) trackbacks(0)
土が届く
地震が起きる前に、粘土を注文した。
「土と布」の準備のひとつだったのだけど。
それが地震後3日して、家に届いた。
野焼き粘土20kg。。。。
今、この状況で、粘土。。。。
どうしたものか。

作ろうじゃないか。
仕事も全部中止だし、停電中はいよいよ楽器触るか、ゲームするかぐらいだ。
時間はたっぷりある。

と土をつかみ、ひねり、にぎり、
作った作った。私だけでなく、同居人、来客、隣人、作って25個の器。





土を触るのがこんなに安心するとは。

どんどん吸い込まれていく。
どんどん地球に吸い込まれていく。
スパン子と本のlete『箱の中の子ども』 comments(0) trackbacks(0)
スイッチ memo
新曲が先日、今度共演するトシくんとリハをやって、ほぼ完成しました。
トシくんについては別記事で紹介致します!


スイッチ

それは突然やってくる
月の満ち引きと相俟って

赤く 光る 胸の奥
つまんで 取り出して 抱きしめる

動き出す
眠った城の
歯車が
ギシ ギシ
立ち上がる
私の頭の中で

踊り出した
100万の手のひら
駆け抜けてゆく馬の群れ
この世界が 光る
繋がってゆくシナプス
伸びてゆくアンテナ
あなたと一緒に 笑う


それはもうすぐやってくる
丸い 私に 憧れて

白く 光る 海の底
両手で 包んで 抱きしめる

流れ出す
葉脈通って
細胞たちが
ドク ドク
発芽する
私の体の中で

開き出した 
100万の蕾が
海を渡る鳥の群れ
この世界が 笑う
しびれる指先
消えてゆく海の泡
私はここでうたうよ
ああ、孵化するように
瞬きするように
この世界が 生まれ変わる
満ち足りてゆくよ
溢れ出してゆくよ


2011.3.9
スパン子と本のlete『箱の中の子ども』 comments(0) trackbacks(0)
土をいじる
 

土を耕して、種をまいた。
綺麗な庭が作りたいのではない。
野菜を栽培したいのでもない。
ぶわっと生えて来たものから食べれるものを探したい。
だから種をごっちゃまぜにしてえいや!と蒔いてやった。
強いもの,弱いものがやったりやられたりしながら、
渦巻き作られていく生態系の中に私も飛び込んで、
草を食らいたい。そして草を煮て、布を染めるのだ。
それはその瞬間の生き物たちの証なのだ。

だけどまだ足りない。
何かが足りない。もっと奥に生きたい。
草と草の奥、そこに土がある。

土を、ひねるのだ。
そのエネルギーを刻みながら、土をひねり、押し込み、つかめつかめ。
スパン子と本のlete『箱の中の子ども』 comments(0) trackbacks(0)
モグラリンに鳥の女 写真
 スパン子websiteのgalleryにアップしました。

http://folkevise.net/spannko/gallery
スパン子と本のlete『箱の中の子ども』 comments(0) trackbacks(0)
イヌクシュク
 inukshk




北極圏カナダにある不思議な石積み。
イヌイットが作っていた。
土地の言葉で「人間的力で行為するもの」。

イヌイットの集落ではイグルー(分厚い氷を切り取って作る家。イヌイットは移動して暮らす。)を建てると必ず近くにイヌイシュクを建てたという伝えもある。
女や子供たちは猟に出た男どもの帰りを、ひろびろと海を見渡すイヌイシュクのところまで登って待った。また一族がながい危険な旅に出るときにも、イヌイシュクを建てたという。


イヌイシュクはただ石が積んであるだけ。全然接着していないというところに私は、暗示を受ける。いわゆる「作品」としての恒久性、そのものとして永続するなどということは期待していないのだ。一突き、ぐんと押せば、ガラガラと崩れる。すると像はこつ然と消えてしまう。そこらに転がっているのとまったく見分けのつかない、ただの石くず、二度ともとの形になることのない瓦礫に還元されてしまうのである。まったくの無にかえってしまう。

岡本太郎「美の呪術」より




私は昔石が苦手だった。
すぐに同調してしまう私には、強すぎた。
固いし、冷たいし、私の中にないエネルギーを持っているような
そんな予感がして触りたくなかった。

唯一裸足になって河原で岩を飛び歩いた時だけ、足の裏と岩で会話できた。
向こうの蹴り出してくる力に、こちらも思い切り蹴り出していけばよい。
そうすると岩は走り回る足の置き場を次々と見せてくれる。
猿のように飛び跳ねられて、楽しかった。

石は対峙するものなのかもしれないな。
スパン子と本のlete『箱の中の子ども』 comments(0) trackbacks(0)
鳥の女 関連
wildwile dairy(mixi)

園原弘美blog

スパン子と本のlete『箱の中の子ども』 comments(0) trackbacks(0)
土と布の月 はじまる
 土と布




毎日庭いじりです。
土を触り、久々に木と話しながら、染めも出来たらいいなあなんて。

鳥の女制作しながらも、犬の散歩で毎日、
完全に春の気が木々に地面に膨らんでいくのを感じて、
丁度暖かくなる前の準備を早くしなくちゃと思っていました。

やるぜ、庭いじり!



モグラリンが 物に溢れた世界からの入り口で、あなぐらに入り込んで

鳥の女が 生命力そのもの 海のような 女の 

ときたら

土と布は リズム だ。はじまり。太陽。

初の男性ゲストだしね。バウロンすごいんだぞー。



次のleteは熱くなりそうだぞ!






スパン子と本のlete『箱の中の子ども』 comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/3 | >>