2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

ハープの梅田千明
トイピアノで演奏していた「鳥の女もうひとつの話」をハープでやってみてはどうかなと思っていた。

七分の月とふたつ星が重なる夜に、湖の上に現れる鳥の女を捕まえようと、何人もの男が沈んでいった話。

トイピアノではどうしても、物語の暗い面、オドロオドロしさの方ばかりが浮かび上がった。しかしこれは恋のうたで、その限りない美しさあってこそオドロオドロしさが深まる気がして、浮かんだ音がハープだった。竪琴のあの響き。でもあんまりきらびやかであっては私の生理がゾワゾワしてしまう。子守唄ばかり弾いてしまいそうなハープでない、ハープ、そんなものを求めていた。


私らがやっている自主レーベルgorey
いつもPAや録音のエンジニア、というか、一緒に作っていっている仲間イデイくんはgoreyの創始者であり、彼にハープの相談をしてみた。
丁度、生梅というアイリッシュの2人組がCDをつくったという話を聞いたのは一年前だったかな。音源を聴かせてもらったらとってもよかった。バグパイプの音がそもそも大好きで、あの内蔵が踊りだして、出てきそうな感じが良い。
さて、問題のハープ。キラキラしているが、何故か渋い。
このハープとやりたい!そう思った。

その後、とんとんとはなしはすすみ、あっという間に梅ちゃんと出会った。
梅ちゃんは想像以上に渋い女の子だった。
そして深くマニアック。まだ梅の謎は底が見えない。
9月には旦那さんのいるスウェーデンに移住するそうで、いよいよお国柄も見えなくなって来た。
会う度に少しずつ梅色が心に染みてくる。そんな人である。

さっそく
鳥の女もうひとつのはなし
を録音した。これがめちゃくちゃよかった。

それで、調子に乗って「湖面の鳥女」も演奏してもらった。

これがまたとてもよくて、曲がどんどん空に向かいはじめた。

鳥女シリーズの録音がなかなか沼から這い出れなかったのだが、鳥女が羽を広げて飛びはじめた。そして「女」の色合いが出始めて、私の抱えていた鳥女がどんどんと羽ばたきはじめたのだった。

梅ちゃんの渋いハープのおかげで、鳥女シリーズは特に、曲が上にも下にも膨らんだと思う。

録音のあと、下北沢lete、信州国際音楽村ホールこだま、下北沢無寸草、と3回ほどライブを重ねてきたが、梅さんのハープが何故渋く、私のこころに引っかかるのかが見えて来た。

『バランス』

なのだ。彼女はハープがハープらしきことをすることが恥ずかしいと思うたちなのである。このバランスは私ととてもよく似ていて、もし梅さんのハープが「竪琴の調べ」になっていたら、私はこうも一緒にできなかっただろう。そのハープらしさの切り落としが潔くて格好いい。回を増すごとに「潔さ」が増していく。


梅なしには語れない曲がたくさん出て来てしまった。



梅田 千晶(うめだ ちあき):34弦ハープ

2005年よりハープを始める。 アイランドではKathleen Loughnane、Janet Harbison両氏に師事。
 
スウェーデンではニッケパ奏者のLeif Alpsjo氏より伝統音楽を学ぶ

都内及び関西で活躍するアイリッシュミュージシャンとの共演多数 。
2013年11月チーフタンズ渋谷公演にLADYChiefta insのメンバーとしてゲスト出演。
アイランド、スウェーデン両国の大使館イベント他、
都内を中心にアイリッシュパブやカフェでのライブを行っている。






2013.8.23 fri SPANNKOSMO 『私の場所』 at 木崎湖畔 海ノ口キャンプ場 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://spannkosmo.folkevise.net/trackback/86
<< NEW | TOP | OLD>>