2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

金環=SPANNKOSMOゴールデン管楽器トリオ
今回声とリズムがまず真ん中にあるイメージがはじめに降りて来たんだけど、

だからこそ、アコーディオンの調べをばらしたてみたくなった。
というわけで、今回のSPANNKOSMOの楽曲は管楽器のアンサンブルを中心に考えている。


管楽器は息をつかう。そして単音だ。
楽器は通すものの、うたうことともっとも近いと思う。

管楽器だけど、その楽器に囚われない、管楽器奏者を集めてみたら、
こうなった。

 

先日木崎湖畔でリハーサルしたときの模様。
小熊山の頂上で、飛んでいた。。。。

頭から花を咲かせ、ライブ後は果てて口も聞けなくなる人たちだ。
フルート、アルトサックス、ユーフォニウムなんだが、
そんな3つの楽器だけの音とは思えないほどの様々な音色を出すし、
まるで気の抜けた音ひとつ出さない、
その幅はどんどんどんどん膨らんでいく3人。
思った以上に素晴らしい組み合わせだった。





夜も話が楽しすぎて、眠るのがもったいないくらい。
なんとこんなに愛しき人たちがいるのだろう。
今回のSPANNKOSMOホーン隊はかなりの見所だと思う。







出来た新曲のもう一曲は『金環』

うたと管楽器だけで、演奏する。
管楽器ゴールデントリオのことを考えてできたから、
「金環」。

内容は地球のうただ。


地球が泣いているなんていうけど、そうだろうかと思う。
以前、私の相談相手だった欅の木が切り倒されたとき、私は切ったその誰かを憎んだし、
木がそいつをたたったらいいのにとか、さぞかし辛く哀しかっただろうと嘆いて、いつものようにもうそこにはいない木に語りかけていた。
しかし、木は一切そういった感情と無縁の所にいて、
全部をただ受け止めていた。

地球もそういう存在だと思う。


哀しかろうと投影できるのは人間の特技なのだろう。たったひとつ宇宙に浮かんでいる尊い青い星は、そうやって右往左往する人間を全部受け止めている。受け止めて進んでいっている。

私は地球が好きだ。


金環

青い星が 闇の中
ひとつ 浮かんでいる

その青が懐かしくて
涙がひとつぶ 落ちるのだ


その孤独はすべてのもの


私は夜 ひとり
この闇に潜って 潜って
青いあなたを見つけにいくよ

この手に触れて
抱きしめたら

私は青い ひとつに なる




SPANNKOSMO管楽器ゴールデントリオ


バッキー alt sax

今一緒にやっている中で一番古い仲かもしれない。そしてお互い欠かせない言わば「闘う仲間」である。バッキーの音が好きで、バッキーの音に惚れて、そしてその在り方に私は奮い立たされるのである。魂に訴えかける音、すごいんだからとにかく。






1972年 東京生まれ
高 校卒業と同時にアルトサックスを始める。ストリートを中心に活動を開始、様々なバンド、セッションを経て今に至る。宮地楽器サキソフォン課講師を勤める。 2002年より舞踏家、美術家、ダンサー、絵描き、映像作家、詩人、等との共演が多くなり、表現形態、場所等を問わず、海外まで活動の幅を広げる。
bucky trio(西村直樹、永田雅代),舞踏派タタラ,ささらほうさら,舞踏オーケストラ大豆鼓ファーム,イヌイット・イヌーク,ねねむ,I.M.Oオーケストラ,松本 YAO 善行duo,國仲勝男duo,小沢あきオーケストラ,poc(高岡大輔、西村直樹),のなか悟空(騒乱武士),西村直樹とワイルドグリーンズ,TAYUTA,出世魚ズ,MAJIKA〜NAHARU,パチクリエレガンス,ドミンゴス,dachambo,大福などで活動、アルトサックスの表現の可能性を追求し続ける。http://www.geocities.jp/bakkyoo3/ (なっバッキー,参照)


照喜名俊典  euphonium
照喜名さんとの出会いは、熊坂義人の紹介。とにかく素敵な人がいたと熊坂がキラキラ目を輝かせて話すもので、一度お会いしたいなあと思って、名古屋で演奏す るときに共演をお願いしたのが初め。初めて会った照喜名さんに惚れ込んだのは私より先に息子のほうすけだった。今だに照喜名さんと聞くと顔を輝かせるほう すけ。照喜名さんの魅力は謎が深い。だけどその真ん中に必ずあったかさがある。こころが触れたなあという感触がある。それが嬉しく素敵だ。かたや演奏は潔 く、アツく、変で謎だ。






 
愛知県立芸術大学卒業後、ノーステキサス大学院にて学ぶ。2004年夏にハンガリーで行われた国際ジャズコンクールでの優勝を機に帰国、日本では数少ない 本格派ジャズユーフォニアム奏者としての活動を始める。また自己グループでの演奏活動はもとより、映画「悪魔のエレベーター」(日活2009)への楽曲の 提供を行う作曲家としての活動も注目される。月刊誌「バンドジャーナル」にて平成22年度における「ワンポイントレッスン」コーナー執筆。
http://tterukina.com/

ユッキィ flute
ユッキィがいたから木崎湖畔に越してきたといっても過言ではない。私にとって心の友であり、その在り方に私はたくさんの紐を解いてもらっているように思う。
リ ハーサルはいつも近況報告から。話し終わる頃にはもうだいたい出来上がっていて、呼吸とかタイミングとかそういうのが当たり前のように絶妙なコンビネー ションを生むのが素敵すぎて、最近は一緒にたくさん演奏している。音楽へのアプローチの仕方が、山の様子や風の方向、天気の行方を見るような感じで、とっ ても面白い。フルートは鳥のように空を自由に羽ばたいていく。ほんとに素敵な人だなって思う。




木崎湖畔海ノ口に生まれ育つ
中学生の頃、吹奏楽でフルートを吹き始める
高校卒業後、フルートから離れる
2010年木崎湖を訪れたスパン子と熊坂義人に出会い、その年に熊坂義人のソロプロジェクト大福でフルートを吹き始める。その後スパン子とのデュオもしばしばやるようになる。
伸びやかで何処までも広く、真っ直ぐな音に心奪われる。
まだライブ回数が数回とは思えないほどの演奏で、ライブを重ねるごとに深みも増していっている。ソロ曲もできたとかできないとか??


2013.8.23 fri SPANNKOSMO 『私の場所』 at 木崎湖畔 海ノ口キャンプ場 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://spannkosmo.folkevise.net/trackback/85
<< NEW | TOP | OLD>>