2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

金曜日はひつじ屋
 

毎週木曜日に、joiful!と練習している。
先日は初めて、熊坂くんとユッキィも一緒にリハーサルしてみた。

うたのみ、というのはなんと解き放たれたものなのだろうか。
何もすがるものの無い怖さを抱えながらも、その瞬間にのみ生きるものだ。
私自身うたいはじめて随分と生まれ変わったし、今もうたえば大抵のことはどうにかなる。
楽器は簡単に、自分をごまかすことができる。でもうたはいつだって、丸裸だ。
生まれては消えていく自分の存在と一緒に、自分の身を使うという充実感だろうか。

というわけで、joiful!は毎度毎度度肝を抜かれる。
あれれ、これはできないの?なんでこんなことができるの?の繰り返し。
私の概念なんてちっぽけなものだ。
それで子どもみたいな質問だらけで、
だけど練習後のメールには解き放つ!なんて書いてある。
もう解き放たれているよ、うたうという時点で。そのまんまやったらいいよ。といつも思うが、大人の頭というのはなかなかそうはいかないんだな。あ、でもそこが面白いのか。



いよいよ今週の金曜日はjoiful!と穂高ひつじ屋でライブです。
熊坂くんはjoiful!のリハのあとは「すごいなあ、洗練てなんなんだろうなあ」と意味深なつぶやきを繰り返す。
声のパワーって本当に凄い!って思う。
みんな私の曲をとても大切にしてくれるので、嬉しい。
余り余ってスパン子さんの世界を壊したくない、なんてよくもいってくれるけど、
SPANNKOSMOは入れ物なのだよ。それは無限永遠の宇宙。
やる人でできあがるのだから、どんどこ膨らますなり深めるなりしてほしいのだ。
人が創り上げたものなんてさっさとぶち壊して、
どんどん、どんどん、星たちを生んでいこうではないか!



■7/12 fri  穂高駅前 ひつじ屋

open 18:00 / start 19:00
charge ¥2000 1drink付き

出演

プレイトーンズ(赤沼千史/安藤則男)

SPANNKOSMO

 スパン子 vocal,accordion
 熊坂義人 contrabass
 ユッキィ flute
 joiful うた
 (渡部朱美 西條麻梨子 堀川千尋 高橋幸子 西谷美緒 ウラピー)


■安曇野ひつじ屋

http://www.hitsujiya-azumino.com/







2013.8.23 fri SPANNKOSMO 『私の場所』 at 木崎湖畔 海ノ口キャンプ場 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://spannkosmo.folkevise.net/trackback/79
<< NEW | TOP | OLD>>