2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

ひらけ ひらけ
長野へ行った。

朝目覚めると、久しぶりに木々に呼ばれた。
外に出て森に入る。
見上げた木々が

「ひらけ、ひらけ、ひらけ」

と一斉に歌っていた。

大きくおおらかに歌っていた。



その晩から次の朝に掛けて、
私はこころを全開にしていなければならない出来事が起こった。

心のうねり、悶え、悲しみ、嫉妬、あらゆる感情を呑み込んで、ひらく。
そうするしかないのだ。


ひらいてひらいてひらいて、ひらきると、
全部が満ち満ちた。
それはもの凄い、快感だった。

からだもひらいて、みずみずしく、
すべての感情が快感に流れ込んでゆく。


生きながら死の快感を味わうとは、
ひらく ということなのだ。

ひらいてひらいて、ひらきつづけていくことだ。



箱の中の子ども最終章 箱の中の子ども

箱を ひらく!
スパン子と本のlete『箱の中の子ども』 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://spannkosmo.folkevise.net/trackback/62
<< NEW | TOP | OLD>>