2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

熊坂義人
 私がソロを始めてからほぼずっと、一緒に演奏して来た熊坂義人が、
『箱の中の子ども』の3回は客席にいた。

今まで熊坂義人に支えられてきていたことを改めて感じる。
そこに甘んじて来ていた自分を見つける。
そして、もっと可能性があることを知ることが出来た。
もっともっと、広がり、深めていける。

そんなことをこの3回で受け止め、
改めて、熊坂義人とステージに立つ。
彼の、音楽を奏でるというよりは、全身で人間をぶつけてくる
そんな演奏が本当に好きだ。
熊坂義人と向き合って、思い切りぶつかり合いたい,と思っている。


今回の「原作」は、熊坂義人の作品でもある。
彼のホームページを見てもいつも思うが、
音と同様、言葉を大事にする人である。

原作があって、この4部作が完成したのではなく、
私がつけたタイトルに、後から彼が文章を書いた、といういきさつで、
物語をライブにしたのではないのだ。
私には私のイメージがあり、熊坂義人は勝手に文章を書いた。
それが絶妙にリンクしていき、このライブの深みともなっている。


箱の中の子ども最終章、いろいろな意味で、とても楽しみだ。


熊坂義人 contrabass



1977年生まれ

23歳でコントラバスを手にする。
以来複数のバンドで活躍し、忌野清志郎、細野晴臣、おおはた雄一、スズキコージなど、ジャンルを問わずサポート、共演。
2008年ブルガリアの首都ソフィアで開催された「映像アートフェスティバル」に熊坂のソロプロジェクト「大福」で参加。
熊坂原作の「100万本の線」をアニメ化(イラスト:ヤマムラリン、アニメーション:スパン子)した映像作品と演奏のパフォーマンスを披露。
ゲストミュージシャンにはブルガリアの民族楽器カバルにVentzislav Dikov。
大好評を得て、帰国。
帰国後、「100万本の線」を東京と京都で再演し好評を得る。

その後2009年末にサポート活動その他の活動を積極的に休止するとともに、ソロユニット「大福」を大きく展開している。


熊坂義人は普段あまり大福を食べない、のだ。


スパン子と本のlete『箱の中の子ども』 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://spannkosmo.folkevise.net/trackback/61
<< NEW | TOP | OLD>>