2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

ホネケンバン
 

「死」の象徴。
森の奥で動物の亡骸がひっそりとゆっくりと時を刻んでいるような。

そんな場所を会場に作りたかった。



特にそれを主張することもなく、だけど確実にそういう場所。
それには意味が必要。
沖縄の御獄が何もない、石だけが置いてある、そんな場所であるように。


30年間置いてあったピアノを昨年もう使えないから解体する、というのでその一部をもらってきた。
何かに使えるかなあと思って物置に入れておいたんだけど、武蔵野スイングホールを見た時に真っ先にこの鍵盤の亡骸が頭に浮かんだ。

鍵盤が骨となってそこにある。 

というのはひとつの求心力かもしれない。




当日、このホネケンバンは衣装を作ってくれた園原と舞台監督松本さんとで装飾。こんな風になるとは思っていなかったが、想像以上に美しく、土っぽく、でも デリケートな墓標になった。会場の装飾はたったこれだけ。でも幻想的な空間を作り出す要になったと思う。







ウェディングっぽくもあるなあ。
やはり儀というものは何にせよ生と死とがそこに共存するものなのだと思う。


さて、このホネケンバン。
SPANNKOSMO最終章として、燃やすことにしました。

その様子はスパン子の日記 - スパンコスモに書いてあります。

終わってこそ、始まるものなのだ。
SPANNKOSMO at Musashino swinghall at 2010.5.25 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://spannkosmo.folkevise.net/trackback/33
<< NEW | TOP | OLD>>