2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

波多野敦子
 


男のこのような、女の子。

そんな風なことをいつも思う。中性とかそういうのではないのだ。
つぶらな瞳が男の子との様で、女の子なのだ。
バイオリンもそう。
しっかりさんと、慌てん坊と、やんちゃくんが共存している。

波多野ちゃんはバイオリンと限定するよりも、トータルで表現しているな、といいたい。そして常に実験している。
特に作曲やアレンジ力は本当に素晴らしくって、「金平糖」という曲のストリングスアレンジは波多野ちゃんに全部お願いした。初めて、金平糖という曲が聴けた。録音を聴いてそう思った。
弦のうねりが生み出す宇宙だった。
「13の水」という波多野ちゃんのアルバムがとても好きで、制作するときはよくかける。ひとりでじっくりと、でも何かを猛烈にやりたいときに良い。



SPANNKOSMOでもいろいろ大活躍です。オシレーターちゃんもやってくるよ。

■波多野敦子(triola) Atsuko Hatano



1975年生まれ、作曲家、ヴァイオリニスト。2003年に1st アルバム「13の水」を自主リリース、2007年に画家 nakabanとの共作アニメーション「三つの箱」(DVD)をnoble/ MIDIよりリリース。現在はtriola名義でのライブ活動の他、 CMの音楽制作や他アーティスト作品にストリングスアレンジやヴァイオ リン、チェロ演奏で参加(過去に中山うり、EGO WRAPPIN'、トウ ヤマタケオ、yumbo、mama!milk他)。昨年より個人向け音 楽制作「オーダーメードミューック」を開業。

■波多野敦子HP  http://www.hatanoatsuko.com
SPANNKOSMO at Musashino swinghall at 2010.5.25 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://spannkosmo.folkevise.net/trackback/26
<< NEW | TOP | OLD>>