2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

死にゆく星の旋律
こんなプロジェクトがあるらしい。


 
寿命を迎えようとしている「ちょうこくしつ座R星」が発する電波を丸いディスクに落として、オルゴールにしたそうだ。
これが、とても良い。、子供が奇跡的なピアノを弾いているような、そんな懐かしさ。いや、もっとど。知っているという、安らぎと締め付けられるような切ない感じ。そう、これはみんな知っているんだよ。ただ遠い場所の出来事というものではない。

「ちょうこくしつ座R星は太陽の2倍の大きさの恒星で、体内のガスを噴き出しながら徐々にやせ細って死んでゆきます。」


prismではないか。

私の曲です。
先日のムーンストンプで、

シンプルな宙〜prism

という流れで始まってみました。
まるで広い空間に放り出されたようになって。。。怖いような、それでいて気持ちよいような
それがすごくよかったので、
大阪でもこれで始まろうと思う。
超新星爆発。ベテルギウスの超新星爆発の曲です。

真空での爆発。地球の2000倍。
でも音はないのだよ。電波だけだ。その電波を音に出来るのはこの地上だけってことか

今回のSPANNKOSMOは本当に深く、上も下もない。
その身体と心と、魂でもって奏でた音は
宇宙の果てのそれと何も違わない。

音にしていくよ。
そしてSPANNKOSMOは地球に、降り立つのだ!



prism

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく

空も 湖も 山も お月さまも
私を放り投げる
私を包んでいる


泣いてもいいんだよ
いつでも君とともに
宇宙は震えている
その歌をきいてごらん


こぼれた陽の光を
ひとつずつ集めて
ちぎれそうな私の
こころにそっと注いでゆく


空も 湖も 山も お月さまも
私を映してる
私を呼んでいる

 
2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://spannkosmo.folkevise.net/trackback/135
<< NEW | TOP | OLD>>