2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

prelude de prelude ではシンプルな宙のエネルギーの計り知れなさを垣間みました。それは引力とか重力なのかもしれない。
高円寺ムーンストンプにて、2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

ムーストンプのいろんなところに演奏者が点在する形をとってみた。

自分も一緒に演奏しているようだった。
緊張して、ゆったりみるみたいなことはできなかったけど、ドキドキした。
演奏者を見ると言うよりも、音像を見るような体験、自分がその映像の中にいるようで、とても面白かった。
息づかいや、空気の音、楽器がタポタいう音なんかが聴けて、めったにできない体験をした(サックスのお隣にすわっていました)。

など、の感想を興奮気味に頂きました。
なんかとても嬉しい。


もともと
火を囲んで演奏する人達、それを聴いている人達 
というようなイメージが元にあって、円陣を組んで来たSPANNKOSMOだが、
だんだんとその火の位置に私が立つようになり、
火の周りで行われる儀式、それを見る客のような図式ができてきていたように思う。
私としては何か、祭り上げられるようで、どこか気恥ずかしかった。
そういうんではない、勿論、私は幾らでもどんな形の中心にでもなるさ。
だけど、缶ケリの缶を円になって、まるで缶が何かの神様のように眺めているような、
眺めている人達は仲良さそうに見えて、それを見るお客さんは取り残されてしまうような、
そんな図はもういい。という気持ちで、私も缶ではなく缶を蹴るひとりのひととして、円陣に加わりました。

やっぱり、缶ケリは、隙をついて蹴っ飛ばしていかないと!それは演奏者でも、お客さんでも、美術でも衣装でも、PAでもいい。とにかく、隙あらば蹴っ飛ばしていこうぜ。それがSPANNKOSMOなのだ!


と思いました。


それにしても、予想以上に、エネルギー満タン、パワフルな面々です。
その人 がそこに居てほしい。その人じゃなきゃならない。
それが、この世界を作っているのだ。

大阪、いくぜーー!






 
2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://spannkosmo.folkevise.net/trackback/134
<< NEW | TOP | OLD>>