2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

熊坂義人というひと。
熊坂義人について、こんな風に書くのは久しぶりか、初めてかも知れない。
書こうと思うとあれこれが浮かびすぎて難しいもんだ。それくらい、私にとって大事で、重要で、愛しい、人だ。

幾年か前に熊坂くんはベーシストを止めた。「器用だったから」という。器 用だったから止めるしかないというのが実に不器用だなと思う。器用だったから、なんでもない音が出せた、なんとなくいい感じのことができた、でもそんな自 分という人間から掛け離れたことを繰返すことに虚しさを感じ、止めた。たくさん仕事が来ていたし、これからに繋がりそうなこともたくさんあったが、止め た。だけどやめた彼は清々しく、眼を輝かせていた。多少生活が苦しくとも、輝かしく生きていこうではないか。そういって、彼はベーシストではなく、熊坂義人の大福という自分のバンドを組み、私はSPANNKOSMOというプロジェクトを生んだ。
どちらも根っこは同じなのである。それからお互いのプロジェクトを膨らませていったり、ぶつかったり、離れたり、色々を繰返しながら、最近はっきりと言葉にできたことがある。

「とことん人に会いたい。とことん人に会える場を作りたい。」


SPANNKOSMOへ!!


熊坂義人
 

うた、コントラバス

2009年10月頃までフリーミュージシャンとして活動。
忌野清志郎、細野晴臣、梅津和時、おおはた雄一、鈴木総一郎、ハンバートハンバート、BE THE VOICEなど共演者多数。
HONZI(vl)、スパン子(acc)と結成した「福」では2006年にノルウェー公演を成功させる。ASA-CHANG&ブルーハッツのメンバーとしてフジロックフェスティバル2007に出演。2008年10月以降はフリーな人として活動中。
2009年、熊坂義人ソロプロジェクトとして毎回解散するユニット「大福」を立ち上げる。
2010年「大福」ブルガリア公演。
2012年に初の録音作品「輝ける毎日」(アナログ盤)を発表。
10人編成のライブ録音で、好評を博している。
夏はキャンプ場の管理人。

http://folkevise.net/daifuku
2014 SPANNKOSMO『私の場所・冬』 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://spannkosmo.folkevise.net/trackback/125
<< NEW | TOP | OLD>>