2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

いちばん変で、いちばん頼りになる 舞台監督は松本淳市
「顔に乗ったこのきゅうり。。」
「赤いきつねと緑のたぬき、あなたはどっち?」
「そのネギは!下仁田か!!」
「爆弾発言!」
「殿中でござる、殿中でござる、との、との、との!」



私が楽隊で参加した松本さんの劇の台詞より一部抜粋。
初めにもらった台本は意味の分かる劇だったが、日が経つに連れてどんどんとおかしく絡まり、最終的にさっぱりわけのわからない劇になった。その凄さったらなかった。多分一生忘れられない。

第一回SPANNKOSMOの時に舞台監督をやってもらった。私もこんな大きなライブをするのは初めてだったので全部を取り仕切るのに大変気負っていた。サウンドチェックの段で、「スパン子ちゃんは今日は他のことは一切やらなくていいから!!」と言われて初めは面食らったが、本当に演奏とライブのことに集中できた。そうか、舞台監督って、そういうことなんだと初めて理解した。全体を担う役を自ら買って、「場」を創り上げている。それからSPANNKOSMOは舞台監督を立てている。木崎湖畔は最高に頼りになるここいらのボス大島ケンイチ、大阪は開催を全面協力してくれた音凪の古市さんだ。それぞれがそれぞれの在り方で舞監を繰り広げ、それぞれらしい場が作り出された。松本さんは木崎湖畔には観客として観に来てくれた。そのとき撮ってくれた動画でダイジェスト版を作ってくれ、そののりで、大阪は撮影班として来てくれる。そして今回東京で再び、舞台監督をお願いした。
松本さんの撮る動画も写真も、ちょっと視点が変わってる。だから面白い。人が観ているところよりも、感じているところを撮る。この感性が実に面白く、実に変で、頼りがいがある。

会場に行ったら松本さんが仕切ってくれると思うとだいぶ気持ちがシンプルになる。
SPANNKOSMO『私の場所・冬』ダイジェスト映像を作るために、当日は会場を変な機械(自作)にカメラをとりつけてウロウロしているおっさんがいたら、松本さんです。
よろしく!松本さん!


松本淳市 舞台監督


演劇プロデュース spandrel/range 主宰、小劇場を主に作演出から造形美術、舞台監督まで幅広く活動し、映像にも進出中。




 
2014 SPANNKOSMO『私の場所・冬』 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://spannkosmo.folkevise.net/trackback/122
<< NEW | TOP | OLD>>