2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

we are 武蔵小金井地元民 倍音's 尾引浩志
今回の東京SPANNKOSMOの代表者は 尾引浩志です。
何故ならば小金井市民だからだ!

尾引氏と出会った頃、彼はまだ5人で倍音'sをやっていた。私は生まれも育ちも小金井っ子なので、地元にこのような倍音民族が居ると知って、実に嬉しかった。駅前に住む倍音族の尾引邸でリハをしてはワインを飲んで、倍音を聴いて、ゲラゲラと笑って、ふらふら家まで帰ったことが何度あっただろうか。あの頃、そういえば二人でユニットも組んでいた。名前は確か。。『アルドゥン・アルジャン』トゥバ語で金の泉って意味があるそうで、小金井は何せ、黄金の井戸がある土地。小金井に胸を張って、この名を付けたが、アルジャンナイジャンとか、ケセランパサランとか、あんまり覚えてもらえなかった。

そう、小金井が好きだった。小金井はたくさん公園がある。公園といっても遊具があるようなのでなく、でかい森や林や、桜並木のある公園だ。水が豊かなのだ。小金井市の真ん中に南北に坂があって、ムジナ坂とか、念仏坂とか、ひとつひとつ坂に名前がついている。坂の下を東西身結ぶ道をハケの道といって、そこに地下水脈が流れ込み用水が流れている。よく落書きして、ハゲの道とか、コーポハゲとか悪戯したもんだ。その流れはやがて野川に辿り着く。そこにあるのが野川公園とくじら山だ。
くじら山は私の聖地だった。くじら山のおまつりで有名な場所だけど、それを知る前から私は何かあるとくじら山に行っていた。くじら山っていっても南小学校の校庭の土を盛っただけの5秒くらいでのぼれる丘なんだけど、本当に鯨の形をしていて、遠くから見ると野原に鯨が泳いでいるみたいなんだ。その腹らへんに、柳の木が6本くらい丸く植わっていて、その中に入って私が話しかけると6本の柳がさーっと枝を揺らす。くじら山のたくさんの木と話した。木と話しているといろんなことが解決する。どうしたらいいか、教えてくれた。小金井にはたくさん家が建っていて、だけどお金もなくて貧乏な市で、でも東京の真ん中で自然だけが豊かな場所だって誇りに思っていたな。

その後、倍音族はひとり、またひとりと消息をたち、今やひとり小金井倍音族を名乗る男尾引浩志。彼の奏でる倍音は未だなお、その先へソノ先の世界へと進んでいっている。「倍音は育てていくんだ」と彼に教わったことがあるが、彼は恐らく一生倍音を育てつづける生粋の倍音族である。尾引くんのホーメイやイギルを聴くと、広ーい草原に居るような気持ちになる。でもトゥバの渇いた地よりもう少し湿った感じがする。久々に小金井のこと思い出してみたけど、尾引くんの倍音は、柳の木の枝が揺れて、その風がくじら山を渡っていくのと同じだな。小金井の水を呑んで育った私たちの知っている景色。知っている匂い、湿度。

今回尾引氏には、今私の住む木崎湖の伝説「鳥女」シリーズで語りをしてもらう。これも面白い因果だなと思う。

今は私の実家もなくなり、私にとっては心の故郷と化しているが、小金井市の息吹も感じてもらえる気がしてきた。

倍音族、お楽しみに!


尾引浩志
Xhoomei ,jew'sharp,igil



ホーメイ、口琴、イギル演奏家。トゥバ共和国に伝わる倍音唱法ホーメイと出会い1999年、倍音楽団「倍音S」を結成。現在は「倍音S(尾引浩志)」の名 で、ソロでライブ、ワークショップの活動を展開中。本場トゥバや日本でのホーメイコンテストでは、グループ・ソロ部門で数々の賞を受賞している。音楽劇 「コーカサスの白墨の輪」(2005年)、「コクーン歌舞伎」(2006年)など舞台の演奏でも活動、 2006年度にはNHK教育テレビのこれまでにない、エキセントリックな幼児向け音楽番組として話題を呼んだ「あいのて」にレギュラー出演した。
最近は「倍音muALIEN」、「あいのてさん」、「ジャンタルマンタル」など、倍音S以外のユニットへの参加、様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションも数多くこなしている。

※ホーメイ:南シベリアトゥバ共和国に伝わる倍音唱法で、「一人二重唱」などとも呼ばれる。
※口琴:世界中に見られる口腔内で倍音を増幅させる、手のひらに入る小さな楽器。音色はまさに“小さなシンセサイザー!”。
※イギル:トゥバ共和国に伝わる二弦の擦弦楽器。
http://www.vions.jp/




 
2014 SPANNKOSMO『私の場所・冬』 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://spannkosmo.folkevise.net/trackback/121
<< NEW | TOP | OLD>>