2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

青い青い星の音 バッキー 
「3人がこの世を背負って、戦いに出ている三銃士みたいに見えた。」
大福の演奏 熊坂義人、バッキー、スパン子の3人の演奏を見てそんなことを言われたことがある。


熊坂 バッキー スパン子 の関係はそんなところがある。
熊坂は大福 バッキーはbucky-fore スパン子はSPANNKOSMO それぞれの命掛けたと言っても大袈裟でない、壮大なプロジェクトを持ってして、同じメンバーでライブをしたり、ツアーをしたり。それぞれの在り方を信頼し、そいつが戦いに出るなら何を捨てても馳せ参じるぜ的な関係である。熊坂はアタマをモヒカンにし、バッキーは頭のみならず、眉毛までそり上げ、スパン子もヤノマミさながら刈り上げて参上する。音楽しに行くとは思えない気合いの入れ方である。我らは本当にそんな運命的な3人なのかもしれない。楽曲の基本に熊坂、バッキー、スパン子の在り方がある。SPANNKOSMOもそこがあって、そこからこの人数でのアンサンブルまで膨らんでいる。仲がよいというわけではない、いつでもつるんでいたいわけでもない、だが、多くの人が信じられないであろう安定感のない生活をもってして、人間としての大事だと思う在り方を突き進んでいることは確かで、そして3人ともおどろくほどまともで、器用、逆を返せば不器用だ。


バッキーの音は計り知れない。アルトサックスという楽器で出来る限りの様々な音色というものをもはや超えている、と思う。バッキーは時に風となり、笑い声になり、すすり泣きになり、突然爆発したり、大声をあげて、火の踊りのようになったり、子どものようにはしゃいだり、様々な景色を見せてくれる。私はあんまりサックスという楽器の音色が好きでないが、バッキーのサックスは自分にとって、とっても必要だと思ってしまう。何より、この人のそこへ向かう真撃なまっすぐさが心に響きすぎて、悲しくなってしまう。悲しくて、切なすぎて、体が空っぽになって、気が付くとそこに何かが漲り始める。宇宙に浮かんでいる青い星のことを思い出す。ぽっかりとひとつ浮かんだその星は、その星に住む生き物のすべての孤独を受け止めて、ただただそこにいるのだ。私はその青い星のうたを、その青い星の音を出すバッキーの音に乗せて歌う。

金環 一曲目だ。

バッキー alt sax



1972年、東京、中野に生まれる
高校卒業と同時にsaxophoneを始め、同時に音楽活動を開始、jazzに傾倒していく
ブルックリンのウィリアムズバーグで3ヶ月の短い修行を経て帰国
ストリートを中心に活動、様々なバンド、ミュージシャンと関わるようになる
2001年より音楽家、舞踏家、美術家、ダンサー、絵描き、映像作家、詩人、等との共演が多くなり、表現形態、場所等を問わず、海外まで活動の幅を広げる。
2010〜   •ベーシスト熊坂義人のソロユニット大福に参加   •自己のband『YAMA-山-』を経て、『BUCKY-FORE』を開始
様々な自然、人、物、事、音と響宴、現在に至る

ホームページhttp://www.geocities.jp/bakkyoo3/








 
2014 SPANNKOSMO『私の場所・冬』 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://spannkosmo.folkevise.net/trackback/119
<< NEW | TOP | OLD>>