2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

euphnium道を行く 照喜名俊典
SPANNKOSMO 夏、大阪、東京とかかせぬ人となった照喜名さんであるが、実のところこの人が一番謎が多い。

どうやら、テキサスの山奥でkung fu 修行をしていたらしい。ということはわかっている。
ものすごい映像が悪いが、ひとつ映像が残っている。

Kung fu euphonium!
http://youtu.be/su_hgrsUfn4

久々に見たけど、笑える。。

何度か、SPANNKOSMOでもkung fu eupho やってよって言うんだけど、あれはあの時のような修行をしないとできないらしい。私の永遠の夢なのだ。


名古屋でライブをすると大抵照喜名さんの家に宿泊させてもらう。
この家がまた謎である。木造、平屋家屋。の横にある2階建ての超デッカい洋館。これが別館としてついていて、そこに宿泊させてもらう。母屋よりずっと大きい。誰が見ても母屋が別館だと思うだろう。
この家の前に住んでいた家がまたすごかったらしく、何やら不発弾がどうのこうの。。。?
とにかくよくわからない。私にはとうてい予想できない人生を歩んで来たに違いない。
苗字は照貴名 沖縄の血筋である。顔つきは沖縄顔だ。


ユーフォニウムという楽器は面白い楽器で、音質はやわらかく、音域もチューバより高い。だからか、音が重なると、目立つ音の後ろに隠れやすい。照喜名さんの音で何かが聞こえなくなることはないのだけど、照喜名さんが吹いていることで全部がボワ===ンとなることがある。「ピアノのペダル踏んだみたいな状態になるんですよ」と照喜名さんが言っていたが、私がよく思うのは自分の声にかかっているリバーブが消えたように感じることだ。「頑張ってもあんまり聞こえない音なんで、僕の声と一緒で」と照貴名氏。そんな自虐的発言さえも流され気味になりそうであるが、実際は全体を包みこみながら、聞き流せないことをばかりをしているのだ、彼の人生もプレイも。照喜名さんを発見するのはプレイバックのときに多い。こ、こんなことしてたのか!と思わず照喜名さんのつまみをあげてしまう。熊坂くんがやった大福の大録音でもそうだ。管楽器がワーワーともはや獣のように入って来ている真ん中で、照喜名さんが泊まらぬパッセージを吹き続けていた。それがめちゃくちゃかっこいい。エンジニアイデホフは照貴名氏を真ん中に持って来て、曲を仕上げていた。そう、ユーホニウムらしいことは一切しない。だけど、奇をてらっているわけではない。謎多き照喜名さんそのものなのだ。そして、そのルーツにやはり、「道」が見える。。。並々ならぬ気を感じるのだ。

いったいどんな修行をしていたんだ!!!!!

照喜名さんは私の永遠の夢であり、永遠の謎なのである。
東京でもこの謎を深めていきたいと思う。

照貴名俊典 euphonium



愛知県立芸術大学卒業後、ノーステキサス大学院にて学ぶ。2004年夏にハンガリーで行われた国際ジャズコンクールでの優勝を機に帰国、日本では数少ない 本格派ジャズユーフォニアム奏者としての活動を始める。また自己グループでの演奏活動はもとより、映画「悪魔のエレベーター」(日活2009)への楽曲の 提供を行う作曲家としての活動も注目される。月刊誌「バンドジャーナル」にて平成22年度における「ワンポイントレッスン」コーナー執筆。

http://tterukina.com/









 
2014 SPANNKOSMO『私の場所・冬』 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://spannkosmo.folkevise.net/trackback/118
<< NEW | TOP | OLD>>