2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

東京の太鼓 トシバウロン
熊谷くんと作った松本のSPANNKOSMOprism 大阪のSPANNKOSMOの印象がとても残っていた。おそらく演奏者みんなそうだったと思う。曲を思い出せば太ちゃんのドラムが一緒に鳴ってしまう。それくらい熊谷くんのドラムが曲を華やかにさせ、疾走させ、曲を作りだしていた。

先日東京でのリハーサル。大雪のため、私と熊坂くんは2日間長野県を出ることができず、本当はその2日間でリハーサルを重ね、ライブをして帰るつもりが、ライブ会場に開場10分前に到着という有様だった。みなの都合をお願いして引き延ばし、翌日リハーサルをして長野に帰る計画に変更。

トシくんのバウロンを聴いたのはつまり、久々のライブでだった。
バウロンの音を聴いた途端、蘇るものがあった。このなんとも素朴だけれど、魂に触れる音色だ。華やかに組み合わせていくドラムの構成と違って、バウロンはただトントコ太鼓を叩いているだけなのに、やっぱりスパン子の曲にこの音ってなんともいえない神秘性を生み出す。そしてSPANNKOSMOはやはりこのシンプルさがもともとのコンセプトだなと思い出す。
楽器ひとつ持って集まって、火を囲みながら演奏する。岩の上や、ちょっと離れた木の下、演奏者と同じ輪の中、思い思いの場所で聴く人々。楽曲を聴かせるんではない、人を聴かせるんだ。この間気付いたSPANNKOSMOの在り方が花開いていく気持ちがした。熊谷くんはとってもよかった。今度があるならば、熊谷くんにもっとシンプルなセットで出演してもらおう。

そして、トシくんと一緒に演奏していつも思うのは、なんだか愉快な気持ちになるということだ。
これはなんかしらトシくんの持つ魅力なんだと思う。でも本人はあんまりそのことをわかっていない気もする。寧ろもうちょっと格好いいところを狙っているような気さえするが、この気持ちが踊るって、太鼓奏者にとっての一番の魅力なんじゃないだろうか。
四谷homeriでのライブでは、私らの到着が遅く待ちくたびれたのか、準備体操が足りなかったのか、トシくんがswitchという曲で、まるでいきなり走ったけど走れたのは気持ちだけで、昔みたいに体が動かない幼稚園児のパパみたいな太鼓を叩きはじめた。それで動けば動くほど絡まり、そのおかしな動きでいつものように眼鏡が飛び、ブレイクで眼鏡を拾ってかけなおしたと思いきや、叩いた途端また眼鏡が後ろの壁に激突した。これを笑わずにうたえるだろうか。笑いをこらえたが無理だったよ。だけど「この曲はものすごく集中力が必要だから、笑わないで」とかいう。そんなの無理だよ。っていうか、どの曲も集中しろよって思うけど。どうかSPANNKOSMO本番では私の目の前にいないでほしい。
愛らしい人である。

次の日のリハーサルは人数も少なく、熊坂くんとトシくんが音域がぶつかることや、それによってなんとなくになっていた部分を丁寧に確認できた気がする。それで、乗りがうんとよくなった。いいじゃんいいじゃん、東京。
トシくんにはSPANNKOSMOまで走り込みするようにお願いしました。今日4kg痩せたってつぶやいていたから、いい感じなんじゃないか。
トシバウロン、いろんな意味で最高です!


 
トシバウロン toshibodhran

 
日本では数少ないバウロン専門のプレーヤー。他の楽器と波長を合わせグルーヴを作り出すことに長けているが首が曲がりメガネが弾け飛ぶほどダイナミックな動きには賛否両論がある。
2000 年冬アイルランド留学中にアイリッシュ音楽を始め各地のパブセッションで研鑽を積む。帰国後京都にてフルート奏者hataoと共にCraicを結成しCD を発表。2004年〜2007年Butter Dogsとして活動。現在は東京に居を移し、John John Festival、Harmonica Creams、NOUMANを軸に多様な活動を展開中。サポートとして2002年の「情熱大陸Music Special葉加瀬太郎LIVE」のフロントアクト出演をはじめ、葉加瀬太郎、ザッハトルテ、功刀丈弘、朝崎郁恵、ムビラトロン、鬼束ちひろのライブ、 レコーディングにも参加する。2012年にはスペイン国際ケルト音楽祭にHarmonica Creams として出演し外国人初の優勝という快挙を果たす。
アイリッシュミュージック専門イベント企画やCD販売レーベル
「TOKYO IRISH COMPANY」を主宰する。



 
2014 SPANNKOSMO『私の場所・冬』 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://spannkosmo.folkevise.net/trackback/117
<< NEW | TOP | OLD>>