2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

熱血染織家 園原弘美の衣装
 

第一回SPANNKOSMO 
出会ったばかりの園原に、惚れて、
衣装を作ってもらった。急遽ホールのオブジェもつくってもらう。
このライブは私のお葬式でもあったので、解体したピアノの鍵盤を使って、ホネケンバンと題したオブジェをつくってもらった。

 

ここから園原と音だけでなく、そこに空間をつくる旅が始まった。
はじめは、私のコンセプトをきっかけに、彼女がイメージを広げていくところからはじまった。
SPANNKOSMO『箱の中の子ども』では4シリーズの会場美術を担当。
leteという白い小屋の扉を開けると、毎月来る度に違う空間が広がった。

1.モグラリン


2.鳥の女


3.土と布

園原のライブペインティング。裏から光を当ててのペイント。美しく力強く、官能的だった。


4.箱の中の子ども


 
箱の中の子ども 特設ページ
http://www.folkevise.net/spannko/hon-no-lete/


あるとき、園原が旅に出た。一緒にやろうといっていたイベントがあったが、彼女はそれどころではなかった。
でもそれどころでないことが知らされない。園原が居ない。。いつも強く繊細にそこにいた彼女がもやがかかってるようで触れられない。残念というか、さみしいというか、なんとも言えない空虚感があって、私はその想いを告げ、彼女を待った。
彼女は帰って来た。ズタボロになって。さらにそのあと、ズタズタになる。
だけど園原はそんな姿になりながらもそこにいるから、私はそれだけで嬉しかったし、いつだって抱きしめていた。


2013年 私も木崎湖畔での生活が軌道に乗りはじめ、
突如SPANNKOSMOをやろうという気持ちが、むくむくと湧いてきた。
もちろん、同じ大町市に越して来た園原に告げる。『やる!!』と園原、久々に立ち上がった。彼女にとって久々の作品作りだ。
彼女は衣装と会場美術を担当したのだが、そこはある意味園原の久々のファッションショーでもあるかのように、海の口公民館は縁者の衣装で空間がつくられた。

  

  

前日に海の口キャンプ場に泊まって、夜更けにお風呂を炊きながら話をした。何だか久しぶりだ。今までお互い自分のことを精一杯やってきた。でもここで、ようやっとそれが交わった気がする。
本番終わり、「やっと一緒に作った!!」と喜んだ。
本当のこといえばずっと一緒に作って来ていたんだが、
いうならば、SPANNKOSMOの中ではじめて園原が生まれた気がした。

その感触は園原にもあったようで、その後園原に大きな変化がある。
蛹だった園原が、本当に顔を出した。
彼女の言葉で言えば、
「ずっと外側に居た。寂しいと感じたことも沢山ある。でも私は私がやっていることで、人を繋げている、勿論自分も含めて。」
そうだよな、小さな部屋で根を詰めて、ひとりの作業だ。でも、その孤独はすべてのものだ。世界と繋がったんだ。
そう言葉にしてからの園原のエッジの鋭さはすごい。勘もどんどん鋭くなってくる。

松本SPANNKOSMO prismでは ダンサーの織絵にライブペイント。
一線の緊張感、タイミング、筆の動く早さ、どれもドキドキして涙が出そうになる。



そしていよいよSPANNKOSMO『私の場所・冬』大阪。
2ステージのコンセプトは私のものと園原のものと、そして着る人の在り方が合わさる。
演奏者は基本黒で、スパン子と宮田あずみと、池端美紀だけに繭のような、羽化したてのような衣装が作られた。
1st は蛹 2st は開花 どんどんと送られてくる写メ。そのスピードったらない。
染めが基本になっていた衣装たちは、何かを超えて、園原のつくるSPANNKOSMOになっていた。

     
 

本編の写真がまだないのが残念だが、それは今までの園原の染色を超えた新しい衣装だった。
そしてこの写真ではわからないのだが、着ると、その人の魅力が浮き上がるのである。

一緒に作ったなあなんてことはもう当然となっていた。だけどどんどん膨らんでいける可能性を感じたこの感触は、私にとっても園原にとっても、強いものだった。


そして、いよいよ東京『私の場所』最終章なんだが、私は夏の衣装を少し冬使用にして、持っていこうよと提案した。園原はそれはいい!と初め言っていたものの、あれやこれや話をしているうちに、どんどんイメージが膨らんで来て、結局全部作る!といってまた怒濤の衣装作りが今行われている。
園原は昼間園芸屋で働いている。それが終わってからの作業だ。今回は演奏者全部で19名。今回はメンズにも手を付けている。
「自律神経がいっちゃってて、眠れない」と園原。10代後半から20代前半にかけて、園原は自作服でのファッションショーを何度もやっていて、その熱血ぶりに自分の体を壊してしまったことがあるっていうから、心配しているが、そういう私もまたこんなことをしながら3時過ぎだ。東京が終わるまで仕方ないね。大丈夫、山の空気と美味しい水で作ってきた体だから。終わったらのんびりと、どこかの温泉に行こう。園原、愛してるぜ!

東京の衣装、お楽しみに。というか、私も楽しみ。会場の美術も担当。
園原のブログもどうぞ。熱血っぷりが伺えます。
http://www16.ocn.ne.jp/~are-you/


園原弘美



染色作家。型染、手描、浸染グラデーションなどの技法で、服、のれん、手ぬぐいなどを制作展示を行っている。 が、その表現活動は、とどまらず、舞台美術、衣装、植物を使った演出も行う。また、ライヴペイントや即興布パフォーマンスなど、あらゆる布という布を使い こなしたわむれる。
どんなものにも想いを染める染色家である。 ミュージシャン、スパン子の宇宙的ライヴ『SPANNKOSMO』の衣装、舞台美術などを担当している。
旅用自転車ALPSのランドナー通称ペーターくんをこよなく愛し、キャンプツーリングにはまっている自転車乗りでもある。現在発売中のアウトドア雑誌「BE-PAL」で、平野勝之監督の新連載「旅人失格」の 記事や、雑誌「自転車人」にも登場している。

そして、花屋でもある。園芸から花束など植物をも演出する。


園原弘美

 
2014 SPANNKOSMO『私の場所・冬』 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://spannkosmo.folkevise.net/trackback/115
<< NEW | TOP | OLD>>