2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

東京はギター2本です。 安宅浩司と日比谷カタン
カタンにあたにい。まるで違うタイプのギタリスト。
私はギターというのがあんまり得意でない。自分が弾くことではなく、存在がだ。
世の中にギタリストは五万と居るが、ギタリストのタイプによってはまったく苦手だったりして、それが決して少なくない。
つまり、カタンにあたにいは私が見向きしてしまう激選ギタリストというわけである。
ギタリストといってもふたりとも独りでステージに立って、自作の曲をうたっている。カタンはデザインもするしトークショーもやる。あたにいはなんてったって二児のパパだ。ギタリストとかくくるに至らない存在なのかもしれないが。
そんなふたり、ともかく共通して言えるのは、ギターに依存していないということだ。
あたにいはギターを弾いているというよりはのんびりととてつもなく素敵な空気を生み出しているというそのものだし、
カタンはあんなに弾き倒しているけれど、そこにあるのは戦いで、自分の表現とかそういうことではない。
ふたりとも、すごくギターが上手い。でも聴いていてギター上手いなあって思わない。
いいなあ、変態やなあ、せつないなあ、面白い、すごい!とただただ感情を揺り動かされる。
そうだ、止まらないギターソロなんて私はあんまり聴きたくない。
イカシテル、もしくはイカレテルギターを聴きたいのだ。

日比谷カタンという人は、なんだかんだと私の前に登場し続けてくれている。
もっとも私がしつこく連絡しているんだけど。
こんなこともなかったら、交わることもなかったかもしれない。
久々にリハーサルであったカタンは、女の子みたいだった。ボブスタイルの黒髪、細くて長い足、細やかな腕、だけど、カタンはうんと男だ。
私にはカタンの力が時々必要になる。
私の中にはあるが、私はそこまでは怖くていかなかったものと、
私にはないもの、カタンが男であるという部分とが
私の曲を強く押し広げるのだ。それは思った通り素晴らしくて、予想外だ。

第一回SPANNKOSMOではカタンの登場はとても少なかったけれど、
今回はもっともっと、出番有り。どれもめっちゃカッコいいぜ。

カタンの練習用 驚愕のギター


日比谷カタン (Katan Hiviya)



シンガーソングライター。2001年よりギター弾き語りライブ活動を開始。あらゆるジャンルが交差す る楽曲と知的な歌詞、独創的な世界観を表現するテクニカルなギタープレイ、多重人格的に七変化する声色、洒脱なMC、妖艶とも形容される趣向を凝らした出 で立ちによるステージングを展開。MCで発揮される話術への評価に応えて自主企画トークライブ「対話の可能性」を始動、ゲストには宮台真司、東浩紀、名越 康文、津田大介、能町みね子、園崎未恵など各界の著名人を招きコアなテーマに取り組んでいる。ラジオNIKKEI第2「アニメのるつぼ」パーソナリティ、 映画(ベルリン国際映画祭新人監督賞受賞・熊坂出監督作品「パークアンドラブホテル」)・TV・ゲーム(ロストオデッセイ「亡魂咆哮」)等各種メディ
ア作品への音楽参加、仏ツアー公演や多数の欧州ジャズフェス出演経験を持ち、海外でも評価が高い。
http://katanhiviya.com/

********************

カタンに対してみると、あたにいのギターには性別というものをあんまり感じたことがないかもしれない。
それよりも、どうしてあたにいの手にかかるとこんなに素敵になってしまうのだろうということばかりである。
そんなに強い音なわけでもないが揺るぎなく、必ずと言って曲の質感があがるのだ。
バランス感だと思う。
本人は余裕かというとそういうわけでもなく、本番が終わるまではずっと口数が減るし、どうだろうか、どうしようかと常に模索を繰り返している。あたにいが振れ動いた分、見つけたそのバランス感が素晴らしいのだ。

あたにいとはやっぱり、透明の向こうをやります。
20代末の大失恋をもとに作った曲なんだが、不思議といつになっても歌えるし、何に置き換えてもよいような歌だ。
恋は人の永遠のテーマなのだろうか。
安宅くんのギターと私のうただけのシンプルな曲。
あたにいはこの時もやっぱり、男ではなくバランス感をくれた。

この曲以外にも今回、たくさん弾いてくれます。泣くぜ。

安宅浩司
 

ギター奏者として出発しさまざまなバンドを経た後、2005年頃からひとりで歌い始める。
2007年9月に1stアルバム『それでいいんじゃないかと』をMIDI creativeよりリリース。
その柔らかく静かな歌とギターは、各地方へのライブ活動とともに、地味にかつ着実に広まりつつある。また、ギターをはじめとして、ペダルスティール、ドブ ロ、マンドリン などを弾く弦楽器奏者として、ハンバートハンバート、今野英明、中村まり、山田稔明(ゴメスザヒットマン)、ううじん、湯川潮音、リクオなどのシンガーの サポートをつとめる。
2010年1月に2ndアルバム『ココニアル』(鈴木惣一朗プロデュース)をリリース。

また、2008年から鈴木惣一朗氏のインストを中心としたグループ「ワールドスタンダード」にペダルスティール&バンジョーで参加している。


http://www.kojiataka.com/



ふたりに、惚れますよ。



 
2014 SPANNKOSMO『私の場所・冬』 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://spannkosmo.folkevise.net/trackback/114
<< NEW | TOP | OLD>>