2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

帰って来た 梅田千晶
昨年、梅ちゃんとであって、鳥女の曲ができあがったーと思った。
ハープというきらびやかな音色のこの楽器をこんなにさばさばと格好よく弾ける人って居るんだろうか。
鳥女シリーズはどうしても出てしまう沼感から這い出て、美しく、クールに輝きだしたのだ。
SPANNKOSMOの新たな可能性に喜んだそのときに、彼女のスウェーデン行きはもう決定していた。
木崎湖畔のSPANNKOSMOを終え、その秋に彼女は日本を後にしたのだ。
SPANNKOSMOを冬にやろうとは決めていたので、いちかばちか誘ってみたんだけど、
やっぱり、次に日本に戻るのは早くても一年後だろうという。


梅ちゃんがいないSPANNKOSMO。残念な気持ちはあったが、梅ちゃんに出会ったことで知った、この可能性を、他の形で作っていけるんでないか!
そう思って今回のメンバーを激選したわけだ。今となってはこんなメンバーを誘うに至れたことも梅ちゃんのおかげである。

大阪、東京の面子が決まり、よしゃ!これでいこう!となっていたその矢先、梅ちゃんより突然メッセージが。

「スパン子さん、冬のSPANNKOSMOっていつでしたっけ。」

「2/11が大阪、2/28が東京だよ、どうしたの。梅ちゃんがいないからいろいろ考えてメンバー決めたよ〜。」

「もしかして、行けるかなあと。。まだ全然わからないんですけど」

「マジ!?それはもし来れたら本当に嬉しいけど!今チラシ作ってるんだけど、すぐには決まらないよね。ま、来れることになったらネットとかでお知らせすれば良いか」

「もう決めます!行きます!」

「ほんとに!?東京とのきかな?」

「いえ、大阪も東京も行きます!」


そういって、彼女は2月末帰国し、松本のSPANNKOSMO prismにも出演した。
正直、梅ちゃんがいないと思って決めたメンバーに、梅ちゃんが出れることになって、どこか膨らみすぎな気持ちがしていた。実際ハープは音も小さいし、人数が多ければ多いほど埋もれやすいという部分もある。
ところがどっこい、帰って来た梅は昨年とは全然ちがう梅だった。この短期間に何が起きたのか、まあ、いろいろあったんだと思うんだが、詳しくを聞かずともあらわれるその音は、よりいっそう鋭く、意志がはっきりとし、リズムが強い。かっこいい、梅!木崎湖畔では音量を懸念して入らなかった曲に松本で入ってもらったのだが、録った音源を聞くと、全然問題なく、どの曲も格好いいハープが聞こえてくる。音量ではない、音の存在なんだなと思った。

やっぱり、梅ちゃんのハープはSPANNKOSMOには欠かせない。おかえり、梅ちゃん!(また春にスウェーデン帰っちゃうんだけどね。)


梅田 千晶 harp



2005年よりハープを始める。 アイルランドではKathleen Loughnane、Janet Harbison両氏に師事。
 
スウェーデンではニッケルハルパ奏者のLeif Alpsjo氏より伝統音楽を学ぶ

都内及び関西で活躍するアイリッシュミュージシャンとの共演多数 。
2013年11月チーフタンズ渋谷公演にLADYChiefta insのメンバーとしてゲスト出演。
アイルランド、スウェーデン両国の大使館イベント他、
都内を中心にアイリッシュパブやカフェでのライブを行っている。

生梅庵
http://namaume.jugem.jp/



 
2014 SPANNKOSMO『私の場所・冬』 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://spannkosmo.folkevise.net/trackback/110
<< NEW | TOP | OLD>>