2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

もうひとりの鳥の女 池端美紀
美紀ちゃんの踊りとできることが、かなりドキドキしている。

前に私が東京は下北沢のleteという小さな白い部屋で、月一回4ヶ月間の「本のlete 箱の中の子ども」というシリーズライブをしたのだが、その第二章 鳥の女に出演してもらった。
彼女の存在感とエネルギーがただそこにあり、鳥女が本当に白い布のひだの向こうから現れたように見えた。

そのとき、彼女について、私はこんなことを書いている。

:::::::::::::::::

私のこころと脳みそに焼き付いて離れない、彼女の踊りというのがある。

椅子に座って、1曲の間にゆっくりと服を脱ぐという踊りだった。
脱 ぐといっても全部脱ぐわけではない。白いノースリーブワンピース1枚になるくらいだったと思う。だけれど、美紀ちゃんは椅子に座った時からもう裸で、更に 服を脱ぐ姿は自分の皮さえも脱いでいくようだった。まっすぐと、こちらを見ながら、涙を浮かべながらも、眼をそらすことなく、そんなにまでしてその姿を見 せつづけるのか、あなたは。そんな踊りで、私の身体の芯がググググッとなった。エロティックで、艶かしく、でも少女のように純粋で、美しかった。
裸になるということは、服を着ないことではないのだなとその時思った。チラリとオッパイを見せたり、素肌をたくさん見せることよりも性的な線を触る。

この話を、先日京都での美紀ちゃんとの打ち合わせで話したら、「あれは私の踊りの核に近いものかもしれん。」と彼女独特のテンポで言った。今でもあの時の踊 りのことは、時折話題にされるそうだ。あの踊りはまた見たい。私もそう思う。魅せられて、探し続けてしまいそうだ。鳥の女のように。
::::::::::::::::::::

それから数年、私も美紀ちゃんも月日を重ね、美紀ちゃんは結婚もしたし、私は鳥女の生まれた長野県の木崎湖畔に引っ越したし、ハープ梅田千晶が現れていよいよ鳥女の曲は広がりを持った。大阪SPANNKOSMOでは、もうひとりの鳥の女に現れてほしいと思った。

ところで、美紀ちゃんの作る料理というのがとても美味しい。
美紀ちゃんにお弁当を持たせてもらったことがある。ほうれん草のナムルとか、他にもいろいろ野菜ものが美味しく詰まっていて、おにぎりはリッチに大きかった。それから、卵焼きもリッチに大きくて美味しい。紅ショウガ入りと、ノーマルと二つ焼いてくれたりもする。味噌汁も出汁がいつもちゃんと美味しくて、とにかくひとつひとつ丁寧だ。そう、美紀ちゃんは何に対しても丁寧、料理も、踊りも、会話も、付き合いも、ちゃんと真っ正面を見て豊かで大きい。


衣装の園原や、映像のこじけんと何やらいろいろ打ち合わせをして、かなり立体的なものになっていると思う。
自称もうひとりの鳥女と言っているけど、本当に現れるかもしれない。鳥女、生命力そのもの。


池端美紀 dance



京都在住の踊り手。
dance company BABY-Qの立ち上げメンバーとして東野祥子に師事。
同時期にパフォーマーと楽団の複合ユニットENTENに参加。
劇場やクラブシーンなどで経験を積む。
その後バンド BLIKI CIRCUSに参加。
近年はフリーで活動し、ソロ作品や、写真家や陶芸家、音楽家との共同製作にも意欲的に取り組む。
スパン子の鳥の女シリーズでは度々ステージを共にさせてもらっている。
自称、もうひとりの鳥の女。






 
2014 SPANNKOSMO『私の場所・冬』 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://spannkosmo.folkevise.net/trackback/107
<< NEW | TOP | OLD>>