2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

バイオリンとビオラ イガキアキコにはたのあつこ
SPANNKOSMOにかかせない弦の響き。
私はバイオリンという楽器がとても好きである。
こころにぐっときて、それが神経を伝達していく感じがいい。
びりびりと全身が響いて涙腺やら汗腺やら背骨のゾクゾク線を開けていくのである。
私にとって、こころ→全身神経というするどい痛みにも似た感動の伝達がすこぶる強いのがイガキアキコで、
最近は更に、そのするどさにふくよかな豊かさが深まっているように思う。
あっこちゃんのその鋭く豊かな音と、アプローチのストイックさ、イメージの共有の速度、シンクロ感、引き算な考え方、そして人を射る勢いの演奏への気迫がかかせない。
先日もライブのあとも、お客さんに「スナイパーみたい」とか言われていた。「あなたの演奏に殺されました」って言われたのはベルギーでだったかな。
とにもかくにも楽曲とかより先にとにかくまず、アッコちゃんの予定を聞いている次第だ。
アッコちゃんには第一回SPANNKOSMOから引き続いて、ブルガリアのSPANNKOSMOにも出演してもらっている。あの時は私と熊坂くんとあっこちゃんと、ブルガリアの絵描きでカバルを吹くベンチーの4人で演奏した。今思えばシンプルな編成で、かなりいい演奏したなと思うのだが、私が下手にブルガリア語でMCを試みたりしたものだから、言葉の通じぬ人々の前で私は何をしているのだろうという気持ちになり、終わってかなり凹んでしまったところを一括気味に慰めてもらったこともある。その後、あっこちゃんが最古のコロセアムで見えない誰かを連れて来てしまい、今度は私が彼女の介抱をしたりと、なかなか面白い体験を共にしているわけだ。

前回の夏の木崎湖のライブにももちろん出演してもらったのだが、人数が多いが故に音はやはり増えていく中で、あっこちゃんがそこに必要なものを見つけるのに多少苦労しているように思えた。特に夏はしっかりとしたコーラス隊が入ったので、いよいよ楽曲が音で埋まって来た感じがある。
それでもあっこちゃんの音は音の合間を飛び抜けて、ダイレクトに神経伝達してくるんだけど、
そろそろその辺メリハリつけるためにも今回は管楽器ももろとも、少し整理したいなと考えた。


そこではたのあつこ氏に声をかけたのである。
電話をすると、久々にはたの氏の声。「やりましょう、やりましょう」と相変わらずサバサバと、少年のように理解、快諾してくれた彼女。
1stアルバムの録音の時も、第一回SPANNKOSMOの時も、弦のアレンジははたのちゃんにしてもらっている。落ち着いて段取りくんで、全体を見越して、キチキチとしていると思いきや、字が小学生の少年が書くような大胆ででかくいい味出てる字で、いかにも誤字が探せそうな塩梅、意外な印象を受けた覚えがある。はたのちゃんの計り知れないところである。

今回は久々のコラボなだけに、初めはなかなか刷り合わない部分もあった。私もはたのちゃんもあの頃から随分変化して来てるんだなあって実感した。だけど、イメージやポイント合わせていくうちにあっという間にしっくりするものになった。凄い勘だなあと思う。私も曲について一生懸命説明しているうちに、どこを大事に思っているか、どこで自分がどんな気持ちなのか、改めて理解できたところがたくさんある。ありがたいことだ。

アレンシしたものが実際演奏してどうなるかももちろん、久々に一緒に演奏するの、本当に楽しみだ。

それで、私がワタワタしている間に、頼んだ時から随分時間が経ってから資料を送ることになって時間がかつかつになったと、松本のprismにはたのちゃんが病欠してしまったのとで、全曲はたのちゃんに頼むのも難しくなってきたので、頼んだ曲の中から2曲ほどイガキアキコがアレンジを施すことになった。これも楽しみである。あっこちゃんのアレンジといったら。。!SPANNKOSMOのコトもよく知っているし、絶対いいだろうし、絶対ポイントはついてくるだろうし、絶対危ないアプローチしてくると思う。


どちらにせよ、弦の女子お二人、美しく頼もしい限りである。


イガキアキコ violin



1981年大阪生まれ。
音楽家、グラフィックデザイナー、ものづくり人。
ヴァイオリンを主に、おもちゃや自作楽器など身の周りのモノを使って音を出し、CMや映像、ダンス、舞台等、あらゆる分野に楽曲提供を含むコラボレーションを実践する。
に しもとひろことの天真爛漫アコースティックユニット『たゆたう』を中心に、ジプシーからポップスまで様々なアーティスト・バンドのライブサポートや、関西 演劇界の鬼才・益山貴司率いる劇団『子供鉅人』の舞台音楽、国内外のミュージシャンやダンサー、映像との即興演奏など、幅広い演奏活動を行う。
音づくり、デザイン、楽器作り、絵画、裁縫、料理、パン作りなど常にものづくりをする姿勢を崩さず、またすべての「つくる」ことは同じ「ものづくり行為」として認識し、その活動は多岐にわたる。
http://igakiakiko.net/




波多野敦子 viola



ヴァ イオリニスト、ヴィオリスト。弦楽を中心とした演奏、作曲活動の他にチェロ、オシレーター、アナログシンセなども演奏。2007年nakabanとの共作 アニメーション「三つの箱」(DVD/noble)、2011年3月 1st album『13の水』、12月には2nd album「Maria」を自身のレーベルよりリリース。近年ではソロ活動の他に弦楽プロジェクトtriola(トリオラ)、倉地久美夫、石橋英子ともう 死んだ人たち、Jim O'Rourke Band、Oorutaichi Band等で活動中。
 http://hatanoatsuko.com/

2014 SPANNKOSMO『私の場所・冬』 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://spannkosmo.folkevise.net/trackback/106
<< NEW | TOP | OLD>>