2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

大阪の太鼓 熊谷太輔
今回SPANNKOSMO初共演の熊谷くん。
過去3回、私は彼の演奏を聴いたことがある。

一度目は東京、千歳烏山のTUBO。ここが出会いだった。彼が私と熊坂くんとHONZIでやっていた「福-fuku-」のCDを聞いて、対バンしたいと言ってきたのだった。お店のオーナーから話がきて、私と熊坂くんで演奏しにいった。
その日、熊谷くんがどんなバンドをやっていたか、正直言ってちょっとも覚えていない。奥さんが2才のほうすけの相手をしてくれたのと、最後にみんなで一緒にやりたい曲があるんですといって、持って来た曲が「森のくまさん」だったを覚えている。熊坂くんに熊谷くん、私も一応熊坂で、息子も熊坂、なんと店のオーナーも熊さんだった。だから、やったのか、この曲。簡単な楽譜が渡されやってみると、森のクマさんを熊谷くんが叫ぶように歌いながら叩き語りはじめた。初めの印象がはそれである。でもしなやかでいいリズムだなあと思って聞いていたような覚えもある。

それからしばらく熊谷くんには会わなかった。ひょっとしたら一度、TUBOに演奏を見に来てくれたかもしれない。そうだ、そのとき会ったな。そうこうしているうちに、あちらこちらで熊谷くんの名前を聞くようになった。その度に森のクマさん頑張ってるなーと思っていた。
久々に訪れた2回目の機会はヨタロウ氏のメトロファルス。ヨタロウさんのバンドでへんてこりんなセットのパーカッションに、変な和風の衣装を着て、やっぱりなんだか大声をあげていた。その勢いがすごいもんだから、何か説得力がある。2度目もそんな印象だった。

3度目は東北で。瀬戸信之率いるファンファーレロマンギャルドが震災後、毎年3月に東北を演奏して廻っているのだが、後半から参加した私と、前半だけ参加した熊谷くんが、一日だけ重なった。
思えばあれも共演だったんだが、覚えているのは楽器紹介の場面で、コンガやらジェンベやらの楽器を前にあの大陸王国らしきホニャララ語で歌い唱えはじめたことである。もちろん大声で。

結局私にとっての熊谷くんの印象は「大声でうたう、というか何か叫ぶ」ということばかりだった。本当にドラムがどんなだったかはあんまり印象にない。
でも、真剣だということだけは知っている。


では、何故今回熊谷くんを誘うことになったかと言うと、また振り出しに戻って千歳烏山のTUBOである。バッキーのバンド、bucky-foreのライブがあって、アンコールくらいに熊谷くんがお店に現れた。見に来てくれたのだ。
そのころ、調度SPANNKOSMOの計画を立てている頃で、太鼓は前回トシバウロンを誘っていたが、今回は日程が合わなそうなので、どうしたものかと思っていた。飲んで話しているうちやはりいつも何か話が弾んで楽しくなるもんで、ふと、あれ、熊谷くんが居るじゃんねと思ったのだった。それでお誘いしたわけだ。

熊谷くんが入ったらどうなるか、全然想像もつかなかったが、私の中の私がゴーサインを出したのだから間違いない筈だ。そもそも大阪でお願いしたメンツはやってみて作っていくしかないっていう人ばっかりだが、今のところ、私の予感はまる的中していて、予想を遥かに上回り、どんどんと私をつきやぶってSPANNKOSMOは孵化を繰返している。

熊谷くんは、松本のSPANNKOSMO prismでライブをしたんだけど、リハーサルの段から本当に素晴らしくって、曲のこともよく把握しているし、自分のアイデアをどんどんぶつけてくる。だから私もどんどんアイデアが出てくる。そして、リズムが何もしばらない。ただその律動が私を興奮させてくれた。なんて気持ちのよいリズムなんだろうか。熊谷くんと一緒にやって、俄然大阪のライブのイメージが膨らみ、はっきりしてきた。


大阪は熊谷太輔と、switch on!  です!



熊谷太輔
打楽器奏者。バ ロンと世界一周楽団、METROFARCE、coba、中山うり、tamamix、今野英明、ZABADAK、等さまざまな音楽家と共演。 また演劇の分野では串田和美演出のコクーン歌舞伎や沢田研二の音楽劇に出演するなど、ジャンルを選ばず多方面で活動中の道産子である。

http://daikuma1111.blogspot.jp/












 
2014 SPANNKOSMO『私の場所・冬』 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://spannkosmo.folkevise.net/trackback/104
<< NEW | TOP | OLD>>