2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

蛇腹2台 かんのとしこ
アコーディオンは人に近い
蛇腹の動きは呼吸そのもの
返すときにちゃんと息継ぎして
リズムが生まれる
音が出るリード部分が声帯で
いろんな大きさの声帯がかなりの量ついてる
つまり、あの箱の中には大量の人がいて、
それを蛇腹でぶわぶわと息いれて、わーとかラ〜とか歌う者たちの音が重なり、
どんどんと波が生まれていく

それが2台重なるとどうなるかと言うと、
音を出したときに×2ではなくて、二乗みたいな現象が起きていて、
まるででっっっっかいアコーディオンを弾いてるような
そんな気持ちになるのだ


大阪SPANNKOSMOはアコーディオン2台です。
蛇腹2台を堪能できる曲もやる。

そのお相手が、かんのとしこである。

かんちゃんのアコーディオンは、アコーディオンが「いいね」という音を出している。
こんなに素朴で自然で、いい音。懐かしいあの人を思い出すような音が出る。

初めてかんちゃんにあったとき、
でかくて重いアコーディオンを腰が痛くならないように弾くには、立ってこの姿勢でこの動きがよいのですと研究の成果を知らせてくれた。
アコーディオン奏者同士のはなしなんて、とりわけ楽器の種類とか音色とか技術とかそういうはなしになりやすいものだが、大事なポイントがそこであったことが私のツボにグサリとささった。
そりゃ、いい音出るわけさ。
そして、いつだったか、聞いたかんちゃんのMCが、ほんとにいつも話しているかんちゃんとちょっとも変わらずかわいらしく、のんびりと天然かましながら、独特のリズムといい味を出していた。
いつどんなところでもかんちゃん節が、押し付けられることなく自然に、そこで炸裂している。
先日一緒にやってみて、すっと曲に入ってくるセンス、曲の捉え方、そして押し付けないが強いリズム、抜群だった。
だけど、「ここは繰り返しですか」と聞くかんちゃんはやっぱりのんびりと、まるで今聞いた音が夢だったように思える
節回し。これはクセになる。
そんなかんちゃんとのダブルアコーディオン、楽しみだなあ。


かんのとしこ:アコーディオン奏者



1974年7月29日生まれ。神戸出身。大阪在住。
3歳〜12歳までクラシックピアノを習う。
26歳の時、友人の結婚式がきっかけで出会った歌のアムと、2000年に「amcan」結成。本格的にアコーディオンを始める。
アムが紙芝居を作り、歌いながら見せた事も好評で、様々な場所に出演し、日本中を飛び回る。
2005年、活動一時休止し、その後はソロ活動を中心に、様々なバンドに参加。
また、2002年〜4年間、アコーディオンや音楽についてを長坂憲道氏に師事。
ソロ活動では、amcanでの経験を活かし、身軽にどこでも動き回るうち、生の音を感じてもらえるライブを中心として活動。
カフェ・バー・レストラン、雑貨屋さん、本屋さん、老人施設や子供施設、スポーツクラブやお祭り、寄席や野外イベント・・・。
また、演劇、バレエ、ダンス、映像パフォーマンス、詩人・絵本の読み聞かせ、即興物語などなど、多ジャンルとの共演に広がる。
他にも、スタンダップコメディのナオユキ(R−1グランプリ2011決勝進出)の出囃子を制作・演奏。
オリジナルの楽曲では、懐かしさのよみがえるメロディーをアコーディオンの哀愁漂う音に乗せてお届けします。
現在は、アコーディオン教室を開き、アコーディオン修理・調整師のぎんちゃんリュクサンブール公園)と連携活動中。






 
2014 SPANNKOSMO『私の場所・冬』 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://spannkosmo.folkevise.net/trackback/103
<< NEW | TOP | OLD>>