2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

SPANNKOSMO について 2
 クレーター通信
『SPANNKOSMO』、音楽の宇宙と本質
http://blog.livedoor.jp/tsuda_m/archives/51694942.html

写真があがってきました。
ただいまページを作っております。

SPANNKOSMO at Musashino swinghall at 2010.5.25 comments(0) trackbacks(0)
ホネケンバン
 

「死」の象徴。
森の奥で動物の亡骸がひっそりとゆっくりと時を刻んでいるような。

そんな場所を会場に作りたかった。



特にそれを主張することもなく、だけど確実にそういう場所。
それには意味が必要。
沖縄の御獄が何もない、石だけが置いてある、そんな場所であるように。


30年間置いてあったピアノを昨年もう使えないから解体する、というのでその一部をもらってきた。
何かに使えるかなあと思って物置に入れておいたんだけど、武蔵野スイングホールを見た時に真っ先にこの鍵盤の亡骸が頭に浮かんだ。

鍵盤が骨となってそこにある。 

というのはひとつの求心力かもしれない。




当日、このホネケンバンは衣装を作ってくれた園原と舞台監督松本さんとで装飾。こんな風になるとは思っていなかったが、想像以上に美しく、土っぽく、でも デリケートな墓標になった。会場の装飾はたったこれだけ。でも幻想的な空間を作り出す要になったと思う。







ウェディングっぽくもあるなあ。
やはり儀というものは何にせよ生と死とがそこに共存するものなのだと思う。


さて、このホネケンバン。
SPANNKOSMO最終章として、燃やすことにしました。

その様子はスパン子の日記 - スパンコスモに書いてあります。

終わってこそ、始まるものなのだ。
SPANNKOSMO at Musashino swinghall at 2010.5.25 comments(0) trackbacks(0)
SPANNKOSMO について

様々な投稿がされています。
一部ご紹介致します。

逆説の原理:SPANNKOSMO
http://undecuplet.wordpress.com/2010/05/27/spankosmo/

へんりっく監督;石川淳志のブログ
http://ameblo.jp/stoner14/day-20100527.html
http://ameblo.jp/stoner14/entry-10533646454.html


当日の演奏模様の動画が一部 You tube にアップされています。
客席からiphoneで録ったものだそうです。

屋根裏事情
http://www.youtube.com/watch?v=NJVuQ8445zs

セッション
http://www.youtube.com/watch?v=Lyj8w9gtm20&feature=related

セッション2
http://www.youtube.com/watch?v=LZLmiktcISU&feature=related

北の国の友達へ
http://www.youtube.com/watch?v=7H__2ee78tw&feature=related

屋根裏事情 別アングル
http://www.youtube.com/watch?v=DiNtFJrueJY&feature=related

アンコール 無題
http://www.youtube.com/watch?v=V2toJ7TsUy0&feature=related


終わり
http://www.youtube.com/watch?v=U-KAKYfeQOA&feature=related


また追ってお知らせ致します。
SPANNKOSMO at Musashino swinghall at 2010.5.25 comments(0) trackbacks(0)
ここにもそこにも、женско тяло
 そろそろみんな謎が解けて来ただろうから、改めて紹介しましょう。
SPANNKOSMO 映像にもたくさん登場しました、женско тялоちゃん。
日本語でいいますと、女体ちゃんです。
産みの親はブルガリア在住、山村 倫。

当日は記念限定品として、女体ストラップが50個並びました。
こちらの写真はまた後程。
制作はnatunatuna。今回彼女の作品としてではなく、発注ものとしての手伝いだったので、ブログで紹介できなかったのがもどかしかったのですが、すごいぞ!natunatuna!
この50個の気合いったらないでしょう!ひとつひとつ違うんだから。
女体イチコちゃんからイソコちゃんまでいるってわけです。
携帯ストラップとして作りましたが、ペンダント、キーホルダー、どんな風にしてもかわいいぞ。

ブルガリアで10体ほど生まれた女体さんが、日本に飛び火し、50体のmini女体が生まれる。

と思ったら当日こんなものをもらった。



女体クッキー。
軽く30枚はある。着々と増殖中。
kitchen soya作。

あら、こんなものまで。




女体印のスプーン。
こちらki-to-teの前田由美作。

そういや女体コースターを200枚配ったんだっけ。


静かに女体ブーム発信っ。
SPANNKOSMO at Musashino swinghall at 2010.5.25 comments(0) trackbacks(0)
満員御礼
 

SPANNKOSMO 満員御礼にて終了致しました。
出演者、スタッフ、お客様、応援してくれた皆さん、本当にありがとうございます。
みんな本当に素晴らしかった。

スイングホールという空間が本当に満ち足りていたな。
これが『SPANNKOSMO』か。。。
やる人も、観る人も、みんな同じ場にいたから、境界なく溶けていった。
演奏者もお客さんも同じスピーカーから出る音と、そこで奏でる音を体感している。
もはやこちら側もあちら側もない。
宇宙ってものはそもそも個でもありながら全だ。全でありながら個。
溶け合ってこそ生まれるものなのだな。

限りない一体感、永遠の孤独感。
宇宙を感じる時の、とてつもない気持ちだ。
人間はすぐ押し潰されそうになる。
だからつくりつづけるのだな。

SPANNKOSMOエピローグとして
写真などアップしていきたいと思います。



SPANNKOSMO at Musashino swinghall at 2010.5.25 comments(0) trackbacks(0)
idehof
 

idehof

このアルバムはこの人と作った。
この少年のようなおっさんが
矢を射るその目で、必ずズレを指摘してくる。
何が私はしたいのか。
私はどこにいるのか。

私の宇宙にほっぽり投げられ、
あっちこっちから声がして
無我夢中になって泳ぎついてみたら、
アルバムができていた。
2年もかかったけど。。。

これが私の宇宙かあ。。

驚きと、落胆と、歓喜とで私を呑み込んでやった。

SPANNKOSMOは私の宇宙、すなわち誰の宇宙でもあるわけです。

idehofのバイオリンは必聴!
勿論HONZIのバイオリンです。
明日はHONZIも中央ステージに乗るんやなあ。。


SPANNKOSMO at Musashino swinghall at 2010.5.25 comments(4) trackbacks(0)
dacia



かっこいいひとだなあ。

といつも見とれてしまう。
daciaというブランドを自ら立ち上げ、子供の服を中心に作っている。
そらなの母でもある。

子供に可愛い服を着せたいなあ。

というやはり自らの生活の中から生まれる創造への欲求。それが素だから芯があるのだ。本当に可愛い服。だけど着やすくって、どろどろに遊んでもいい。

とにかく格好いいセンスを持った人だ。2回ほどそらなのピアノの発表会で伴奏を弾いたのだが、ピアノは初めてだというのに、ものすごく格好いい音を出す。2回目などはかなり自分で弾いていてグルーヴし始めてしまったようで、本番迸るものがあった。「あの人のピアノすごいよかった」と大好評の本番を遂げてしまった。本人は全然と言っていたが、そりゃあピアノ弾けない人が頑張って弾いていることほどもどかしいことはない。もっと弾ければなあって思うだろう。でも’感覚’があるのだ。そらなもそうだけど。

サパサパッとした性格で、隅々まで気が行き届く。すべてに対して本当に丁寧だ。洋服もその通り。生地の肌触り、色、裏地、ボタンの種類、形、全部かっこうよく、そして気持ちよい。着ているのが気持ちよすぎて楽しいのだ。

今回も普通に服を注文したのだけど、話が盛り上がってステージでも着させてもらうことになった。気持ちよく格好よく、着させてもらいます!!





■デイシャ dacia



文化服装学院 スタイリスト科卒業。。卒業後NYに渡る。
現在一児の母であり、子供に可愛い服を着せてあげたい!という思いから
子供服ブランドを立ち上げる。パターン、縫製、すべて真心を込め一点一点製作している。今では、子供服だけに留まらず、婦人物も製作中。。

■dacia ホームページ http://dacia510.ocnk.net/
SPANNKOSMO at Musashino swinghall at 2010.5.25 comments(0) trackbacks(0)
ARE-YOU



とにかくどういうわけか園原が好きだ。

出会ったのは今年の冬。alanとスパン子のライブを観に来ていた園原。帰りの電車が一緒になり、下北沢から新宿までだっただろうか?その短い期間に話せる内容だろうかというくらいに話をした覚えがある。染め、木、園芸、創造、キーワードがバシバシと現れて、ようやっと会えたくらいの惹き合い方だった。
もうその瞬間からああ、衣装はこの人に頼もう、と思ったのだった。

園原は服に絵を染め込む。自分の故郷の風景を描いたスカートを見せてもらった。ああ、これが服よね、と思った。身に纏うもの、そこには生活があるものだ。だけど遊ぶ。それが人の表現である。

園原が丁寧に染めて塗った衣装。ご堪能ください!




■園原 弘美 Hiromi Sonohara



1976年10月4日生まれ
染色服屋「ARE YOU」のブランド名で、1999年から活動。
染め(手描き、型彫り、浸染)を中心にデザイン、パターン、縫製等、一人で行っています。独自のスタイルを貫き通し、個展、グループ展、ファッションショーを中心に活動しています。主にオーダーの仕事(ドレス、シャツ、Tシャツ、てぬぐい、美容室のユニフォーム、イベントTシャツなど)最近では、語りや、能楽との染めのコラボなど。人と人との繋がりや、気持ちのいい空間を大事に、年齢性別を超えて愛のある一枚の服、特別な宝物になってほしい。と思いながら丁寧に作っています。自分に中の「かっこいい」を追求し作り続けて、生きて行く!

■ARE-YOU ホームページ www16.ocn.ne.jp/~are-you/


SPANNKOSMO at Musashino swinghall at 2010.5.25 comments(0) trackbacks(0)
波多野敦子
 


男のこのような、女の子。

そんな風なことをいつも思う。中性とかそういうのではないのだ。
つぶらな瞳が男の子との様で、女の子なのだ。
バイオリンもそう。
しっかりさんと、慌てん坊と、やんちゃくんが共存している。

波多野ちゃんはバイオリンと限定するよりも、トータルで表現しているな、といいたい。そして常に実験している。
特に作曲やアレンジ力は本当に素晴らしくって、「金平糖」という曲のストリングスアレンジは波多野ちゃんに全部お願いした。初めて、金平糖という曲が聴けた。録音を聴いてそう思った。
弦のうねりが生み出す宇宙だった。
「13の水」という波多野ちゃんのアルバムがとても好きで、制作するときはよくかける。ひとりでじっくりと、でも何かを猛烈にやりたいときに良い。



SPANNKOSMOでもいろいろ大活躍です。オシレーターちゃんもやってくるよ。

■波多野敦子(triola) Atsuko Hatano



1975年生まれ、作曲家、ヴァイオリニスト。2003年に1st アルバム「13の水」を自主リリース、2007年に画家 nakabanとの共作アニメーション「三つの箱」(DVD)をnoble/ MIDIよりリリース。現在はtriola名義でのライブ活動の他、 CMの音楽制作や他アーティスト作品にストリングスアレンジやヴァイオ リン、チェロ演奏で参加(過去に中山うり、EGO WRAPPIN'、トウ ヤマタケオ、yumbo、mama!milk他)。昨年より個人向け音 楽制作「オーダーメードミューック」を開業。

■波多野敦子HP  http://www.hatanoatsuko.com
SPANNKOSMO at Musashino swinghall at 2010.5.25 comments(0) trackbacks(0)
チケットコースター



記念に、ととっておいてもチケットという紙切れはチケットの役割を果たしたあとは、所詮ただの紙切れだ。どうせなら、美味しいお酒でもその上に置いて、使い汚されて終わったっていい。勿論、大事にとってもおけるし、なんならサインの色紙にもなるぞ。
チケットをコースターにしてみました。

お馴染み、женско тялоチケット。

活版印刷 というの頼んでみたくなった。
それでknotenという名で活動している方を紹介して頂いた。
ちゃんと亜鉛凸版を作って押すから、凹みが出来る。
タイプライターの文字みたいなもので、押し具合によって一枚ずつ変わってくる訳で、手に取ると作り手の気持ちが伝わってくるものだ。印刷とは全然違う。
すんごくかわいいぞ!

■knoten



knoten(クノーテン)とはドイツ語でむすびめという意味です。
小さな一枚が手にとってくれた方を結ぶ一枚になるように、紙や色、雰囲気にこだわりながら、活版印刷機で、一枚ずつ手作業で大切に刷っています。

◆ knoten
岡城直子 岡本真理子 清水ゆり
knoten@tbz.t-com.ne.jp

SPANNKOSMO at Musashino swinghall at 2010.5.25 comments(0) trackbacks(0)
| 1/4 | >>