2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙(そら)』

赤い尾を引いて
星が死んでゆく
幾千の光放ち
静かに消えてゆく


3/28 sat 大阪LIVE BAR MOERADO
SPANNKOSMO 『シンプルな宙 prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge 前売¥2500 / 当日 ¥3000 いずれもドリンク別

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax
haruko trombone
熊谷太輔 drums
池端美紀 dance

美術 白藤垂人
衣装 園原弘美
PA idehof

予約受付
●モエラド メール受付:http://www.moerado.com/postmail/postmail.html
      電話受付:06-6315-4870

●スパン子 spannkosmo@folkevise.net

 

■MOERADO
大阪市北区西天満4-9-12 リーガル西天満ビルB1F
06-6315-4870

http://www.moerado.com/

*************
3/17 tue 高円寺ムーンストンプ

2015 SPANNKOSMO『シンプルな宙 prelude de prelude』

open 19:00 / start 19:30
charge ¥2500

出演
スパン子 vocal, piano, accordion
熊坂義人 contrabass
輿石バッキー智弘 altsax&
haruko trombone
熊谷太輔 drums

■ムーンストンプ
杉並区高円寺北2-22-6
キャニオンプラザ大須賀 B103
TEL: 03-3310-6996
http://www.bighitcompany.com/moonstomp/index.htm

about spannko

本のlete 後記
 本のleteの4ヶ月間が終わり、5月に入ってやっとこの小さな箱の中での出来事のことを振り返れた様に思う。

小さな箱の中に広がる無限の世界、自分にできること、
小さな音でもいいから、その宇宙の中でひっそりと膨らんでみる。
そんな挑戦だったんだと思う。
宇宙って、質量的にでっかいって思っていた。
でも無限とでっかいのは似ていてちょっと違う。
限りないことはどこにでもある。
小さかろうがでかかろうが。

でかくないことが行けないと思っていて、でかくなろうとしていた私の中の小さな痩せた女の子を、そっとリリースした。
小さくも,痩せていても、つまらなくもない。
彼女は彼女なだけである。


アーー面白かった。
次の構想が思いついています。
次は「管の章」「弦の章」の2部作。ウフフフフ。



ひとまず本のleteはおしまい!
さよなら!



スパン子と本のlete『箱の中の子ども』 comments(0) trackbacks(0)
箱の中の子ども終了 本のlete終了
遂に最終章終了。4ヶ月間、途中いろいろとありましたが、皆さまありがとうございました。





 


1. 箱の中の子ども(toy piano)
2. 地下暮らし
3. 銅の小箱
4. 風が通るよ
5. 酒が夜で花
6. 熊坂義人の喋り
7. 湖面の鳥女の朗読(カセットテープレコーダーによる)
8. きこえない足音
9. 病気も何にもない
10. 射れ、右手よ 咲かせ、左手よ
11. 瞼の裏に解放区
12. スイッチ
13. 空の穴
14. 鯨と太陽
15. 歓びのうた
16. 箱の中の子ども


4回の中で最もたっぷりの曲数だったと思う。
最後の会は、とにかく熊坂義人とやり合いたかった。
そう、箱の中の子どもは個々人の抱える小さな子供。



1の箱に明かりが灯り、次々とおもちゃを出してゆく。モグラリン。







熊坂義人、怒濤の喋り,
with 圧力鍋。ブザーで終了。



2の箱、3の箱にも明かりが入り、演奏は熱くなってゆく。



家に明かりが灯る。




遂に4の箱を開ける。テルミンを取り出して空の穴。
宇宙の音。



熊坂くんの「鯨と太陽」。でっかい曲です。



最後に4号機から取り出した大きな筒は!?




暗転


この時見えたものは。。。そこにいた人たちだけの秘密。

そしてleteの扉が開く。外には円い月。
熊坂くんの書いた話が予言の書のようである。



打ち上げ。
ちょっぴり料理作りました。

キャベツとツナのトマトソースペンネ
南瓜のサラダ
レンコンとタコのマリネ
りんごどっさりケーキ


赤ワインで乾杯!
皆さんどうもありがとう!
leteありがとう!



スパン子と本のlete『箱の中の子ども』 comments(0) trackbacks(0)
箱の中の子ども 写真
 4/17 sun の箱の中の子ども 写真をギャラリーにupしました。

http://folkevise.net/spannko/gallery
スパン子と本のlete『箱の中の子ども』 comments(0) trackbacks(0)
箱の中の子ども特設ページとプチパーチーのお知らせ
今更ながら出来ました。
http://folkevise.lolipop.jp/spannko/hon-no-lete/hako-no-naka/

いよいよ明日で最終回なので、

明日はライブ終了後、そのままleteでプチパーチーしようと思っています。
何品か料理を作っていきます。
是非ともいらしてください。


スパン子と本のlete『箱の中の子ども』 comments(0) trackbacks(0)
ひらけ ひらけ
長野へ行った。

朝目覚めると、久しぶりに木々に呼ばれた。
外に出て森に入る。
見上げた木々が

「ひらけ、ひらけ、ひらけ」

と一斉に歌っていた。

大きくおおらかに歌っていた。



その晩から次の朝に掛けて、
私はこころを全開にしていなければならない出来事が起こった。

心のうねり、悶え、悲しみ、嫉妬、あらゆる感情を呑み込んで、ひらく。
そうするしかないのだ。


ひらいてひらいてひらいて、ひらきると、
全部が満ち満ちた。
それはもの凄い、快感だった。

からだもひらいて、みずみずしく、
すべての感情が快感に流れ込んでゆく。


生きながら死の快感を味わうとは、
ひらく ということなのだ。

ひらいてひらいて、ひらきつづけていくことだ。



箱の中の子ども最終章 箱の中の子ども

箱を ひらく!
スパン子と本のlete『箱の中の子ども』 comments(0) trackbacks(0)
熊坂義人
 私がソロを始めてからほぼずっと、一緒に演奏して来た熊坂義人が、
『箱の中の子ども』の3回は客席にいた。

今まで熊坂義人に支えられてきていたことを改めて感じる。
そこに甘んじて来ていた自分を見つける。
そして、もっと可能性があることを知ることが出来た。
もっともっと、広がり、深めていける。

そんなことをこの3回で受け止め、
改めて、熊坂義人とステージに立つ。
彼の、音楽を奏でるというよりは、全身で人間をぶつけてくる
そんな演奏が本当に好きだ。
熊坂義人と向き合って、思い切りぶつかり合いたい,と思っている。


今回の「原作」は、熊坂義人の作品でもある。
彼のホームページを見てもいつも思うが、
音と同様、言葉を大事にする人である。

原作があって、この4部作が完成したのではなく、
私がつけたタイトルに、後から彼が文章を書いた、といういきさつで、
物語をライブにしたのではないのだ。
私には私のイメージがあり、熊坂義人は勝手に文章を書いた。
それが絶妙にリンクしていき、このライブの深みともなっている。


箱の中の子ども最終章、いろいろな意味で、とても楽しみだ。


熊坂義人 contrabass



1977年生まれ

23歳でコントラバスを手にする。
以来複数のバンドで活躍し、忌野清志郎、細野晴臣、おおはた雄一、スズキコージなど、ジャンルを問わずサポート、共演。
2008年ブルガリアの首都ソフィアで開催された「映像アートフェスティバル」に熊坂のソロプロジェクト「大福」で参加。
熊坂原作の「100万本の線」をアニメ化(イラスト:ヤマムラリン、アニメーション:スパン子)した映像作品と演奏のパフォーマンスを披露。
ゲストミュージシャンにはブルガリアの民族楽器カバルにVentzislav Dikov。
大好評を得て、帰国。
帰国後、「100万本の線」を東京と京都で再演し好評を得る。

その後2009年末にサポート活動その他の活動を積極的に休止するとともに、ソロユニット「大福」を大きく展開している。


熊坂義人は普段あまり大福を食べない、のだ。


スパン子と本のlete『箱の中の子ども』 comments(0) trackbacks(0)
箱の中の子ども
 いよいよ最終回の「箱の中の子ども」である。
半年前に決めた題材なのに、まるで予言のように今の状況にピタリとあてはまる。
それは予言なんかじゃなくて、人間は何からも問題を生み出せる生き物なのだ。
何事もどうとでもとれるという話。


箱を開け、明かりを灯したい。



そんな風に考えている。



4つのズタボロの箱たちの中にも、子供がいるんだ。
箱の中の子どもは、こころの中のちいさなしこり。
のびやかなこころはその子どもを守ろうとして、たくさんの不安や恐怖を生む。



箱の蓋は、もう開いているのだ。
スパン子と本のlete『箱の中の子ども』 comments(0) trackbacks(0)
土と布 終了
 

3/27 sun 土と布

1. 宵問唄
2. 空の穴
3. ひまわり
4. 土と布
5. しりとり〜熊追いのうた
6. トシバウロンソロ〜星の子の姿
7. 膨張曲線
8. スイッチ
9. 北の国の友達へ

アンコール
湖面の鳥女



トシくんのバウロンと、私のうたと、園原の染めと、お客さんの熱気と、
地面からぐわっとエネルギーが湧いてくるような、
そんなライブになった。
勝手に体が動き
勝手に笑いもこみ上げるような
今までの2回には起こさせなかった拍手と、アンコールをする空気も生まれた。
自分は否応無しに地球と一緒に回転しているのだなあと強く感じる。

会場は初めて椅子を取っ払った。
床に布をひいて、テーブルを囲んで座ってもらった。
石や土を入れて、会場全体がどこかのゲルとかパオとかそんな雰囲気になった。


実は鳥の女の回に、カメラをご持参のお客さんが偶然にもたくさんいて、
写真を撮る人たちが気になって腹が立ったという感想をいただいたりもした。
鳥の女は、ひだの奥に奥に世界が広がっていって、そこにぐぐぐと入り込んでいくライブだったので、写真を撮るという行為がその空気感を無視していて、世界に浸りたかったのに気になって仕方なかったようだ。あとから聞いたがそんな風に思った人はわりとたくさんいたようだった。

私はまったく気にならなかったのだが、そういうことが起きているとなったら、写真は今後禁止にしようかなとも考えた。

だけど、それは「制限」をつくることになる。
それは私の今回の「箱の中の子ども」の趣旨とはちょっと違う。
箱の中の子どもをどんどん解放するのだ。
自由であればある程、各々がしっかりと自分の足で立つものだ。


この小さな箱の中で、その空気を誰もが作り出していると意識させられなかったのは、私の責任だなと思った。そこで行われているものを見るという空間づくりだったのだろう。
私のイメージがはっきりとすれば、そのようなことは起こらないだろうし、
それでも起こったとしたら当人同士で解決してもらえばよいことである。


ということで、撮影禁止の制限は取り下げて、
その代わりに私は今回空間のイメージをより強く持った。
土と布、民の、家のような、人間の匂いのする、そんな空間。
お客さんにも石を一個ずつ積んでもらい、実際に空間づくりに参加してもらった。
しりとり遊びもしたし、トシくんと園原の明るさ、朗らかさが、よりleteの空気をぐるぐると回した。





出演者も、客も、積極的で熱くて、とてもよいライブだった。

そして、園原のライブペインティングは本当に素晴らしかった。
布の向こうで音に食らいついて時折色がすっと入る。
映る影。最高のパフォーマンスだったと思う。



次回はいよいよ、最終回。
箱の中の子ども 熊坂義人とである。



■土と布 写真
http://folkevise.net/spannko/gallery


■土と布 関連記事
wild wileさんの日記(mixi)
園原の日記
スパン子と本のlete『箱の中の子ども』 comments(0) trackbacks(0)
野焼き延期
土器の乾きが微妙なのと、
本日がどうも強風なのと、
野焼きするスペースが若干狭い!
ということで、
野焼きは延期することにしました。

今日は試し焼きみたいなのを庭でこっそりやってみます。

野焼き場所を考えてます。
やっぱり。。。。木崎かなあ。。。。!



スパン子と本のlete『箱の中の子ども』 comments(0) trackbacks(0)
野焼き
 明日、野焼きを実行する予定です。




ずっと日陰でゆっくり乾かしていた土器たち。
初めての天日干しです。
割れないといいなあ!
スパン子と本のlete『箱の中の子ども』 comments(0) trackbacks(0)
| 1/3 | >>